IPA






2005年度未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース)  採択概要


 



1.担当PM


  筧 捷彦



2.採択者氏名


代表者

吉澤 智也(東京大学 教養学部

共同開発者

小田 啓太(同上)
浅利 尚志(同上)
疋田 泰士(同上)
相田 森羅(東京大学大学院)
岡山 友昭(同上)
小野田 浩之(同上)
鷲田 基(同上)
小町 守(奈良科学技術大学院大学)



3.プロジェクト管理組織


  株式会社創夢



4.採択金額


  3,000,000



5.テーマ名


  ユーザ参加型のパッケージ管理・斡旋システム



6.テーマ概要(応募時資料より)

 近年オープンソースソフトウェアは様々な分野に普及し、その重要性は年々大きくなっている。一方で、オープンソースソフトウェアを利用できるようになるまでの手順は複雑であり、多くの情報と手間を必要とする。このような、オープンソースソフトウェアをインストール、メンテナンスする際の複雑さは、一般のユーザーが利用するための障壁にさえなっている。
 こういった問題に対処するために、LinuxやMac OS Xではパッケージ管理システムが利用されている。パッケージ管理システムは、各々のソフトウェアの依存関係、インストール手順といった情報を単一のデータベースにまとめ、インストール作業を自動化する。
 しかしながら、パッケージ管理システムによって問題が解決したとはいえない。確かにパッケージ管理システムは、個々のソフトウェアのインストールは自動で行ってくれる。だが、ユーザーが目的を達成するにはどのようなソフトウェアを利用すればよいか、という問に答えてはくれないのである。
 本プロジェクトでは、ソフトウェアの母語による解説や評判や人気、類似ソフトウェアなどの情報を集約し、ユーザーとソフトウェアの出会いを助ける場を構築する。ユーザー同士が気軽に情報交換できるように、ソフトウェアのレビューや評価をユーザーが自由に書き込めるようにするなど、情報の一方的な提供ではなく、双方向型の仕組みとする。さらに、パッケージ管理システムと連係してソフトウェアの導入作業の全てを統合する。
 これによりユーザーは、膨大なソフトウェア群の中から自分の目的に沿うソフトウェアを検索し、速やかにインストールすることが可能となる。



7.採択理由(担当PMからのコメント)

 東京大学駒場で全学生対象に行われているプログラミング教育のプログラム指導員・TAの現役および経験者の中で生まれたグルー プFinkの現9人でプロジェクトを行う。プログラミング教育環境として数年前にUnixが採択されたことを受けて,各種のUnixのパッケージをダウンロードすることのサポートを行ってきた経験を活かした,パッケージ管理・斡旋システムを構築し運営していくことを目標とする。簡便にダウンロードができインストールができるようにするだけでなく,そのパッケージの「利用者からの声」も記録して,「Amazon.com」が書籍に対して行っているようなサー ビスを目指す。
 互いに作業する場所は別々であるが,ネットを介しての連携が機能して いる。システムが仕上がることは確実に予想できる。メンバー交代が暫時進行していっても「グループ」としての活動が継続していくことを期待し,その中から個人としてのスーパークリエイターが生まれてくることを期待する。




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004