IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   北野 宏明 (ソニーコンピュータサイエンス研究所 取締役副所長)



2.採択者氏名


開発代表者

高橋 拓也 ( 株式会社プラスゲーテ 代表取締役)

共同開発者

佐藤 公宣 (株式会社プラスゲーテ 取締役)
花崎 智弘 (株式会社プラスゲーテ 取締役)



3.プロジェクト管理組織


  SIVリサーチ株式会社



4.採択金額


  7,000,000



5.テーマ名


  無線LAN環境における位置情報を利用したメッセンジャーの開発



6.関連Webサイト


  なし



7.申請テーマ概要

目的:

  本提案の目的は、日本発のコミュニケーションツールをグローバルに展開することである。当該領域での日本発の世界的なデファクトスタンダードを目指す。

 

機能概要:
 本アプリケーションは、無線LANのアクセスポイント情報から位置情報を取得・判別し、ユーザ同士をマッチングすることを特徴としたコミュニティツールである。具体的には、位置情報取得・反映機能を備えたインスタントメッセンジャーである「Area Messenger」及び簡易SNSである「Area Messenger Network」の二つのコミュニケーションツールから構成される。
 −Area Messenger
無線LANのアクセスポイントから取得できる情報に基づいて位置情報を取得し、友人の位置を地図上にマッピングすることのできるインスタントメッセンジャー。無線LANのアクセスポイント情報と予めサーバに登録してある情報をマッチングし、緯度・経度及び場所名を取得できる。
 −Area Messenger Network
従来のSNSと同じく、フレンドリスト機能やプロフィールページ機能を持ち、友達をWWWサイト上で検索及びマッチングを行うことが出来る。また、Area Messengerとシームレスで連携し、リンクしている友達には、現在位置の地図情報をWWWサイト上で表示する。

 

事業展開:
 本アプリケーションは開発終了後、提案者が経営する株式会社プラスゲーテにて、コンシューマサービス事業およびキャリア事業者等へのライセンス事業として、展開を行う予定である。



8.採択理由

 WiFiとSNSを組み合わせたサービスを事業化する提案である。この考え方自体は、どのように具体性を持ったシステムを構築するかがキーである。提案者は、プロトタイプと速やかに実行する体制を整え、実用的なソフトウエアの構築・サービス展開を目指しており、いち早く具体的な実現が可能な提案である。開発を進める段階で、多くの問題の発見が予想され、それが大きな意味を持つと考える。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004