IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   原田 康徳 (NTTコミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員)



2.採択者氏名


開発代表者

 森 悠紀 (東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 修士1年)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


  デジタルプロセス株式会社



4.採択金額


 1,500,000



5.テーマ名


  ぬいぐるみモデラーの開発



6.関連Webサイト


  http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/~yuki/



7.申請テーマ概要

 立体形状で与えられたモデルから、二次元の布のパーツを自動的に計算し、そのパーツを組み上げて「ぬいぐるみモデル」を構築し、さらに綿の詰め具合によって「ぬいぐるみモデル」の見え方がどう変化するかを検証するシステムを開発する。
 現在、我々の身の回りにあるぬいぐるみは、大きくわけて既製品と手作り品の二種類に分類することができる。ところが、手作り品であったとしても、元々のぬいぐるみの形は、本からの型紙であったり、手作りキットの型紙であったりすることがほとんどである。ぬいぐるみを作成するためには、対応した型紙を作成する必要があり、その型紙を元に布を裁断して、縫合し、綿詰めをすることによって、ぬいぐるみができあがる。よって、自分の思い通りのぬいぐるみを生成するためには、それに対応する型紙の生成が必要不可欠であるが、二次元の型紙からはできあがりの三次元を推測することがとても困難である。そこで、作成したいぬいぐるみの形状を三次元モデルでモデリングし、そのモデルに対応した、二次元の型紙をある程度自動で出力するシステムを作成する。



8.採択理由

 裁縫を習いたての子供をターゲットにして,自分だけのぬいぐるみを創るためのシステム.
 三次元モデルからぬいぐるみの型紙を作り出す.モデルの1からの構築はせずに,すでにあるモデルを修正する機能だけにとどめる.この手のシステムは,表面的な性能だけではまったく評価できず,開発者のこだわりが非常に重要になってくる.
 森さんの縫いぐるみに対する想いと,それを多くの人に伝えたいという情熱を,どれだけこのシステムに込めることができるか非常に楽しみである.


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004