IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   長尾 確 (名古屋大学 情報メディア教育センター 教授)

 


2.採択者氏名


開発代表者

  神原 啓介 (慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程)

共同開発者

  なし



3.プロジェクト管理組織


  株式会社 リオ



4.採択金額


  4,000,000



5.テーマ名


  Web上で協同利用するイラストレーションツールの開発



6.関連Webサイト


  http://sappari.org/willustrator/



7.申請テーマ概要

 本プロジェクトではWeb上で利用可能なドローツールの開発を行います。

 Webを利用して誰でも手軽に情報発信や共有ができるようになり、特にBlogやWikiを利用して文字情報を編集しやり取りすることは簡単になりました。しかし文字情報と違い、イラストや図を公開し共有するにはPC上でのファイルの編集やアップロードなどに手間がかかるため手軽できません。そのためWeb上で編集可能なBlogやWikiに比べて敷居が高く、繰り返し編集することが面倒です。掲示板などで使われるペイントツールもありますが、ラスター画像はテキストやベクター画像に比べて再編集が難しいという問題があります。
 また、PNGやJPEGは公開されても、そのオリジナルフォーマットファイルはあまり公開されないため、他の人の描いた絵や図を再編集・再利用することが難しくなっています。
 BlogやWikiのようにWeb上で直接イラストや図を編集することができれば、素早く公開や再編集が行えるだけでなく、他の人の描いたイラストを再利用したり、誰かと協同で図を編集するといったコミュニティの力を使った新しい絵の描き方、新しいコミュニケーションも可能になります。また、Web上で利用できることでどの絵がどの絵に利用されたか、といった著作者をたどることや、絵がどのように成長して言ったかを知ることができるなど、新しい絵の利用形態も考えられます。
 本システムを通じて、Web上で・仕事で・研究で、イラストがより効果的に利用されることで、コミュニケーションや知的な生産活動を支援することを目指しています。



8.採択理由

 Web上で発見したイラスト等のイメージを、少し手を加えた後で自分のWebサイトでも利用したいと考えたことのある人は少なからず存在するのではないかと思う。本提案は、そのような要望に応えようとするものである。提案された仕組みによって、ブログ等で、イラストを共有したり、協同で作成したりする活動が促進されるだろう。積極的に創作活動に参加しようとする人はあまり多くはないだろうが、たとえ少数でもクリエイティブな人たちにより多くの機会とツールを提供しようという試みは大変よい。現在、Webにおいて、圧倒的にテキストや写真のコンテンツが多い中で、近い将来に、人間の創作した図的表現の質と量が飛躍的に向上することが期待できる。ただし、あまり欲張って多くの機能を一度に実現するより、単純でも確実に動作し、容易に習熟できるような機能に限定するべきである。そのため、提案された機能のうち、重要度の高いものに限定することを条件に採択とする。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004