IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   長尾 確 (名古屋大学 情報メディア教育センター 教授)



2.採択者氏名


開発代表者

 後藤 孝行 (慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程1年)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


  株式会社 リオ



4.採択金額


 4,500 ,000



5.テーマ名


  環境情報を記録し、多面的にメタデータを利用するデスクトップ



6.関連Webサイト


  なし



7.申請テーマ概要

 ファイルの内容だけでなく、情報の周辺に存在する環境スキーム(PCの内部環境と実世界の外部環境のさまざまなメタデータを組織化したもの)を利用することで、記憶を連想的にたどることができるシステムを提案する。
本システムを利用することで、ユーザは既存のキーワード検索や階層管理から開放され、もっと環境に応じて関連付けられた情報を自由に選択して、より柔軟なファイル管理を行うことができるようになる。これを以下の機能により実現する。

@ 記録:環境メタデータの記録
 本システムは環境スキームとして、ファイルに関係する人、操作していた時間、場所、デスクトップ、同時に利用していたプロセスのメタデータを組織化して記録し、ファイル間の関係性や類似性を算出することができるデータベースシステムを構築する。
A 検索:ビジュアル検索
 記録した環境メタデータを用いて、新たな視覚検索インタフェースを実装する。検索結果として属性を視覚的に表示する。検索条件を設定し、情報の多面的な検索が動的かつ視覚的に行える。
B 活用:タブ型デスクトップ
 環境情報をひとまとめでメタデータとして管理し、タブによる簡単な切り替え操作で、デスクトップに表示されるデータやアプリケーションをまるごときり変えるタスク管理を開発する。また、デスクトップを簡単に切り替える専用デバイスも開発する。

 本プロジェクトは、多面的な情報管理システムにより、既存のPCのデスクトップ環境に代わる次世代のファイル管理、タスク管理の標準インタフェースとして普及させることを目指す。



8.採択理由

 ウィジェットのようなアクセサリソフトの利用が、人間の作業内容と強く関連しており、アクセサリの状態の組み合わせがトリガーとなって、そのときの作業内容を想起する助けとなる、という発想は面白い。これによって、デスクトップの状態を丸ごと保存して、日付と時間をキーとしてそのときの状態を再現する、という従来の単純な手法を越えた、新しい記憶支援システムが構築できると思われる。ただし、これを新規に一から開発するのは得策ではなく、すでに普及しているDashboardと呼ばれるアクセサリアプリの開発利用環境を用いるのがよいであろう。そのため、計画を縮小し、Dashborad上でウィジェットの状態と依存関係、さらにメインタスクとの関連性を保存し、検索可能とする仕組みを開発することに限定することを条件に採択とする。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004