IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   並木 美太郎 (東京農工大学 大学院共生科学技術研究部 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

 酒徳 峰章  (ウノウ株式会社)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


  株式会社びぎねっと



4.採択金額


  9,000,000



5.テーマ名


  WEB開発に特化したプログラミング開発環境「葵」の開発



6.関連Webサイト


  http://kujirahand.com、  http://nadesi.com、  http://aoi-project.com



7.申請テーマ概要

 WEB開発の初心者を対象としたWEB開発に特化した開発統合環境「葵」を提案します。
 BLOG、SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)、CMS(コンテンツ管理システム)、スケジュール管理を行うグループウェア、掲示板、ECサイ トなど…WEBを基本にしたソフトウェアが日常生活に欠かせないものになってきました。しかし、実際にWEBアプリケーション開発を行う場合、ページ間の セッション管理や排他処理の問題、セキュリティの問題など、多くの難題が待ち受けています。そのため技術習得に時間がかかってしまい開発者も不足していま す。
 そこで、手軽にWEBアプリケーションの開発が可能な開発統合環境「葵」を提案します。WEB開発に特化した言語とライブラリを擁する統合環境により、 WEBアプリケーション開発の難易度を下げ生産性を向上させます。
 開発言語には、主に日本語プログラミング言語と補助用にBASIC言語を使います。(将来的には中国語・韓国語にも対応します。)命令の雛形を選んで挿 入し、これを必要に応じて書き換えるという手順で開発を行います。日本語プログラミング言語なら可読性が高いので、書き換えるべき部分も明確で直感的にプ ログラムを作ることができます。加えて、データベースとの連携、PDF出力、画像描画など多くのライブラリや、テンプレートエンジンを用意します。



8.採択理由

 Web開発の初心者を対象とした統合環境に関する提案である。教育の現場にとどまらず、ブロ グなどは正規の情報処理教育を受けていない利用者が設置するケースが数多く見受けられ、いかに簡単にWebアプリを開発するかは課題となっているのは言う までもない。
 本提案では、提案者が開発した日本語プログラミング言語「ひまわり」「なでしこ」を基盤とするWebアプリの開発環境を提供する。個人的には、プロのプ ログラマに対する日本語プログラミング言語の効果は疑問は持っているが、初心者向けには一定の効果をもたらすことは十分理解できる。教室で中学生や高校生 が自分でWebアプリを開発する日をもたらす技術として、未踏性があることから採択とした。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004