IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   並木 美太郎 (東京農工大学 大学院共生科学技術研究部 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

 服部 健太 (株式会社システム計画研究所 技術本部 第5グループ)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


  株式会社システム計画研究所



4.採択金額


  6,000,000



5.テーマ名


  Preccs:実用的な通信プロトコルコンパイラ



6.関連Webサイト


  http://preccs.isp.jp/



7.申請テーマ概要

 我々は通信プロトコルのための仕様記述言語Preccsを提案し,Preccsによる記述からC言語のコードを生成するための通信プロトコルコンパイラの開発を行っている.実際に,インターネット上で広く用いられているプロトコルの一つであるDHCPをPreccsによって実装し評価を行った結果,C言語と比較して約1/3の記述量,かつ実行時間のオーバヘッドは約2割程度に収まるという結果を得た.しかしながら,現行のPreccsはファーストバージョンであり,記述性や実行時性能など,改善の余地はたくさんある.
 そこで,Preccsをより実用的に,広く利用可能なものとするために,本年度は主として以下の項目の開発を行う.
(1)記述性の向上
 ライブラリやsyntax sugarの導入,構文の見直しなどを行い,記述性のさらなる向上を目指す.
(2)実行時オーバーヘッドの削減
 生成コードの最適化を行うことによって,実行時のオーバーヘッドを削減する.
(3)通信プロトコルの実装・評価
 様々な通信プロトコルの実装と評価を行うことにより,Preccsの有効性を検証する.また,これらの結果を(1)(2)の開発にフィードバックする.
(4)その他の機能強化
 Preccsのソースコードレベルでのエラーチェック機能やモジュール機構の検討など,より実用的なソフトウェアへと発展させるための機能の検討と実装を行う.



8.採択理由

 ネットワーク向けのソフトウェア開発のために、応用層のプロトコル記述からプログラムを自動生成する仕様記述言語とそのトランスレータに関する提案である。
 応用プログラムにおける通信部分のプログラム開発は、煩雑であるが、既存の仕様記述言語と違い応用層のプログラム開発を容易にする方向性を評価する。すでにDHCPなどによる検証を行っているが、さらに他の応用プログラムに対する適用が期待できる。有用性、未踏性も認められることから採択とする。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004