IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

 千葉 滋 (東京工業大学大学院 情報理工学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

 油井 誠 (奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程1年 )

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


  日本エンジェルス・インベストメント株式会社



4.採択金額


  5,000,000



5.テーマ名


  XMLコンテンツ統合を支援する軽量XQueryプロセッサの開発



6.関連Webサイト


  http://db-www.naist.jp/~makoto-y/proj/xbird/



7.申請テーマ概要

 企業合併や企業内再編など急速なビジネス環境の変化を受けて,組織間の異なるドメインに分散したデータや情報システムを統合する情報統合が,情報システム開発における課題となっている.その中,情報統合の形態として,XMLを用いた情報統合が注目されている.これは,企業間のデータ交換フォーマットとしてXMLが標準であること,多くのデータソースがデータをXMLとして出版する機能を有することに起因する.ここで,XMLコンテンツの統合にXML問合せ言語を用いるのは自然の考えである.
 本提案では,XMLによるコンテンツ統合を支援するXQueryプロセッサを開発する.XML問合せ言語にXQueryを用いるのは,XQueryが情報統合に必要な機能(結合,集約処理など)を備え,次期XML問合せ言語の標準と目される為である.
 XMLコンテンツ統合を支援するとは,(1)XQueryにより下位の異種データソース群に対する仮想的なXMLビューを構築する機能を提供する,(2)仮想XMLビューの上に仮想XMLビューを構築する機能をサポートし,ユーザ問合せからの再帰的なクエリ統合を行う機能をサポートすることを指す.クエリ統合とは,ユーザ・クエリと個々のビュー・クエリを連結し最適化することを指す.このクエリ統合により,下位のデータソースへの透過的なアクセスを可能とする.
 本提案が実現するXQueryを用いた情報統合機能は,一般的に大きなコストがかかるとされる情報統合にかかるコストを低減する手段を提供する.また,近年Web上のHTML/XMLリソースを用いたアプリケーションが急速に増えつつあるが、こうした開発にも本提案で開発するXQueryプロセッサは有用である.
 開発した処理系は,オープンソースソフトウェアとして公開する.XMLコンテンツ統合を支援すると共に,XQueryプロセッサとして世界中で広く利用されることを本提案の目標とする.



8.採択理由

 Java 言語ベースの高速な Xquery 処理系を開発しようという計画である。仮想XMLビューの機能を持ち、さらに数GBあるいはTB?のXMLデータをも高速に処理できるようにしようという野心的な提案である。どこまで達成できるか未知数なところもあるが、これまでの実績等も考え、採択にふさわしいと判断した。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004