IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   千葉 滋 (東京工業大学大学院 情報理工学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

 岡嶋 大介 (フリーランス)

共同開発者

 平田 豊  (日本電気株式会社 コンピュータ事業部)



3.プロジェクト管理組織


  株式会社アイティーファーム



4.採択金額


  8,000,000



5.テーマ名


  ターミナルエミュレータを軸とした統合環境の開発



6.関連Webサイト


  http://ja.poderosa.org/



7.申請テーマ概要

 現在、申請者が中心となって開発・公開しているターミナルエミュレータ 「Poderosa」(ポデローザ)をベースに、リモートホストでの作業全般に適用可能な、プラグイン指向でオープンソースの統合環境を開発する。
 代表申請者である岡嶋は以前より上記のWindows用ターミナルエミュレータPoderosaを公開している。また、共同申請者である平田は、国内で最も有名なターミナルエミュレータTeraTermの開発を現在引き継いでおり、その開発経験を生かして当プロジェクトに参加する予定である。

 純粋なターミナルエミュレータとしてみれば、Poderosa,TeraTermともに完成度は既に高い水準に達しているが、今回の申請においては、Eclipseを参考にしたプラグイン指向の設計を導入して現在のPoderosaを改良し、次の目標を達成することを主目標としている。

* 複数のホストにまたがった作業の自動化、Webインタフェースとの連携など、従来のターミナルエミュレータの範囲を超えた機能を単一の環境で動作させることを可能にする
* ユーザが各自の目的に合った機能を選択的に搭載できるようにする
* 新規の開発参加者に必要とされる知識量を減らし、オープンソースモデルの利点である「必要な人が必要な機能を作る」プロジェクトとして運営可能にする
 最終的に、Poderosaはターミナルエミュレータを中心としたリモートホスト操作の汎用プラットフォームであることを目指す。



8.採択理由

 提案者が開発し広く普及している Windows 用ターミナルエミュレータである Poderosa を拡張し、Eclipse で採用されているような plugin アーキテクチャを取り入れ、CUI 用の汎用的なプラットフォームにしようという計画である。開発するシステムの応用例や、plugin アーキテクチャの設計は、現段階ではまだまだ不十分であるが、Poderosa の開発基盤としての完成度や、計画の潜在的な可能性を評価して採択と判断する。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004