IPA


公募結果一覧へ





2005年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   千葉 滋 (東京工業大学大学院 情報理工学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

西岡 悠平 (フリーランス)

共同開発者

染田 貴志 (フリーランス)


3.プロジェクト管理組織


  日本エンジェルズ・インベストメント株式会社



4.採択金額


  5,300,000



5.テーマ名


  ユーザ主導型 Web アプリケーション作成ツールの開発



6.関連Webサイト


  http://tuigwaa.sandbox.seasar.org/



7.申請テーマ概要

  近年企業内外を問わず Web アプリケーションの広がりは留まる所を知らない。その中で、ソースコード自動生成またはプログラミングなしでデータベースと連動する Web アプリケーションを作成できるツールが登場し始めている。しかし、それらのツールはあくまでもアプリケーション開発者の視点によるものであり、利用者は開発者が作ったものを使うという構図は変わらない。アプリケーションに対する要求を最も理解しているのは利用者自身であり、その利用者が手軽にアプリケーションを作成する環境があれば、要求仕様を満たすといった点からだけでなく、コスト及び時間的な観点からも理想的ではないだろうか?
  そこで本提案では、利用者が自身で データベースと連動する Web アプリケーションを Web 上で作成可能なツールを開発する。具体的な目標としては、HTML のタグを知らない人がデータベースと連動する Web アプリケーションを作成できるようにすることである。全てのアプリケーションを利用者自身が作成可能となるのは未来の話かもしれないが、データベースと連動する Web アプリケーションという範囲であれば、現在の様々なテクノロジー、例えば、Wiki、O/Rマッピング、アプリケーションフレームワーク、アスペクト指向などを組み合わせて、それを補う部分を埋めていけば、十分可能と考えている。



8.採択理由

  グループウェアは、スケジュール等の情報をグループ内で共有するのに優れたソフトウェアである。しかし既存のグループウェアは必ずしも小回りがきくとはいえず、日常の簡単だが雑多なデータは Excel 等で入力し、そのファイルをメールでグループ内で回覧することで情報共有されていることが多い。
  本提案は、Excel あるいは blog 程度の簡単な操作で、そのような雑多なデータを管理する web サイトを簡単に開設できるようにする web アプリケーション・システムを開発しようというものである。既にプロトタイプが動いており、利用者向けのインタフェースなどをきちんと整備すれば十分普及するチャンスはあると考え、採択とする。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004