IPA


公募結果一覧へ





2005年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   千葉 滋 (東京工業大学大学院 情報理工学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

笹田 耕一 (東京農工大学大学院 工学部 博士後期課程)

共同開発者

なし


3.プロジェクト管理組織


  有限会社シーカネット



4.採択金額


  5,000,000



5.テーマ名


  オブジェクト指向スクリプト言語Rubyの処理系の刷新



6.関連Webサイト


  http://www.atdot.net/yarv/



7.申請テーマ概要

  提案者は2004年度未踏ソフトウェア創造事業未踏ユース採択案件「Rubyプログラムを高速に実行するための処理系の開発」により、Ruby プログラムを高速に実行する処理系 YARV: Yet Another RubyVM を開発した。しかし、開発した処理系 YARV は、既存の Ruby 処理系(以下、Ruby 1.x 処理系と称す)に外部モジュールを追加する形で実装したため、いくつか問題が残っていた。これらの問題を解決するには、Ruby 1.x 処理系をそのままで拡張するという方針では不可能であり、処理系自身、とくに評価器部分をYARVに適した形に作り変える必要がある。そのため、本開発では Ruby 1.x 処理系を YARV 処理系と融合し刷新する。

  また、本開発では、Ruby 1.x では難しいとされていた次の機能を実現する。

  ・OS のネイティブスレッド対応
  ・Ruby 処理系のアプリケーションへの組み込みをより容易に

  まとめると、本開発は以下のとおりである。

  ・YARV の Ruby 1.x 処理系への組み込み
  ・YARV の 機能強化
  ・OS のネイティブスレッド対応
  ・アプリケーションへの組み込みを容易にするための仕組みの検討と実装
  ・その他、Ruby 処理系としての互換性向上や機能強化

  開発する処理系はオープンソースソフトウェアとして公開する。この処理系が次期 Ruby 公式処理系として世界中で広く利用されることを本提案の最終的な目標とする。



8.採択理由

  日本発の言語として有名な Ruby の次期版の公式処理系となることが予定されている新処理系の開発提案である。開発者は提案している処理系のプロトタイプを前年度の未踏ユースで開発しており、その経験に基づいて提案された開発計画は、期間内に開発が可能となるように実装する機能の範囲もよく絞り込まれており、十分な実現可能性がある。
  申請者は未踏ユースでの開発実績により、Ruby 開発コミュニティの中でも有力開発者と目されるようになったが、開発したものがプロトタイプであったため、まだ本来の意味で実績ある開発者ではない。今回の採択により、公式処理系となりうるソフトウェアの開発を支援することは、実績ある開発者への道の途上にある申請者を後押しすることになり、本事業の趣旨からいっても適切であると考え、採択とした。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004