IPA






2004年度未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース)  採択概要


 



1.担当PM


  竹内 郁雄



2.採択者氏名


代表者

小林 由佳(函館工業高等専門学校

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


  リトルスタジオインク株式会社



4.採択金額


  3,000,000



5.テーマ名


  漫画設計支援システム「POM」の開発



6.テーマ概要(申請書より)

 

 漫画大国と呼ばれるわが国で漫画読んだことがないという人いないだろう。漫画は世界に誇る日本の代表する文化の一つである。だがこの漫画についてどれだけの人が制作の現状をご存知だろうか。
 漫画制作はストーリーを考えて絵を描く創作だけの作業と思われがちだが、実際には事務的作業が大半を占めている。そのひとつネームという漫画の設計図(ネーム)を作成する作業がある。ネームとはコマ・セリフ・絵をはじめ、人物の位置関係・構図・ふきだしの位置などを大雑把に示したものである。作成したネームの良し悪しで作品のできが左右されるため何度も試行錯誤しなくてはならない重要な作業である。そこで本プロジェクトでは漫画家の創作活動を支援するため『漫画設計支援ソフト”POM”』の開発を提案する。
 漫画制作を支援するソフト「comic studio」「comic works」は、漫画仕上げ工程を主に支援しており、ネームに関してはアナログで地道な作業を前提としたものである。しかし、本ソフトウェアでは漫画制作を設計段階からPC上で行える上に、ユーザーが試行錯誤すべき部分をすべて代行・提案してくれる。(“制作”ではなく”設計”とあえて用いたのはこういう理由からである。) 
 本ソフトウェアでは一見人間にしかできないと思われるネームのコマ割を行う。コマ割はある程度規則性が確認できるためパターン化できると考えられる。また漫画のジャンルによっても作品全体のコマ割りはその特徴が変化する。
・ スポ根漫画→スピード感や迫力ある大胆なコマ割
・ 推理物→1ページに7〜8個のコマを配置した台詞がメインのコマ割
・ 少女漫画→枠のないコマ・変形したコマを多用した心理描写の多いコマ割
この特徴を機械学習を用いて学習し、コマ割を行うシステムの開発を行う。
  従来の漫画制作支援ソフトとは全く違った方向からのサポートソフト“POM“。これであなたも漫画家になれる。




7.採択理由(担当PMコメント)

 

 自分が漫画を描くために欲しいというシステムの開発である.このように自分で使いたい,しかも,世の中の漫画家 (志望者) に等しく役立ちそうなシステムの開発には予想以上のパワーが出るものである.それにしても漫画の設計図にあたる「ネーム」を作成することが最後の作画作業の何倍も手間がかかり,それをサポートするソフトウェアが現状で皆無というのには驚いた.まさに「未踏」にふさわしい.





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004