IPA






2004年度未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース)  採択概要


 



1.担当PM


  竹内 郁雄



2.採択者氏名


代表者

花田 良子(同志社大学大学院 工学研究科

共同開発者

釘井 睦和(同上)
谷口 義樹(同上)



3.プロジェクト管理組織


  三菱マテリアル株式会社



4.採択金額


  3,000,000



5.テーマ名


  G-rated Grid Game:G3 〜 Gridの付加価値としてのグリッドゲーム(グリゲー)



6.テーマ概要(申請書より)

 

 近年,Gridをキーワードとして,ネットワークを利用した様々なサービスやシステムが開発されている.家庭用PC等の個人レベルの計算リソースが参加するPC Gridの分野ではFolding@HOME等の大規模なプロジェクトが実現されている.計算プロジェクトへの計算リソース提供者となるのは,そのプロジェクト自体に関心を持った一部の先進的なユーザである.個人レベルで計算リソースを提供するユーザをより多く獲得するには,Grid Computing上の計算リソースが単に課された計算を負担するだけではなく,プロジェクトに参加するユーザが楽しめるような付加価値をGrid環境に与え,参加意欲を向上させることが必要であると思われる.
 本プロジェクトは,Grid Computingで計算リソースに課す負荷をサービスでラッピングし,計算リソースを提供しているユーザがサービスを受けることが大規模科学計算の一部を担うことにつながる仕組みを有するGrid環境の構築を目的とする.本プロジェクトでは,サービスとしてマルチユーザのオンラインゲームを採用し,大規模計算にこれを組み込むフレームワークである「G-rated Grid Game:G3」の開発を行う.
 この仕組みにより,プロジェクトに賛同するといったボランティアで参加する計算リソース群,あるいは利益志向の計算リソース群以外に,計算リソースを提供することで何か楽しいことができるといったサービス志向で参加する計算リソース群を獲得することで,大規模な計算プロジェクトを実行できる環境が実現可能と期待できる.
 本システムの構築に関しては,サーバで必要となる,依頼された問題の問題空間(解空間)の2次元平面への変換プログラム,プロジェクト参加者のPCで必要となる,課された計算,およびゲームが実行可能な環境として問題空間をもとにしたゲームのマップ生成プログラム,およびそのマップを外部データとして取り込むゲームのフレームワークムの開発を行う.



7.採択理由(担当PMコメント)

 

 共同開発者2名は昨年の未踏ユース採択者であるが,花田さんは彼らの「乗り」を上回るかもしれない乗りの良さをオーディションで発揮した.このアイデアはGRIDを家庭のPCにまで広げるのに大いに役立つ予感がする.提案時点ではまだ基本アイデアの段階だったが,GRIDの計算と意味的にリンクした面白いゲームがきっと出来上がるものと期待している.というか,ぜひそういうロジックを考えてほしい.GRIDの計算問題の意味とどの程度関係づけるかが興味深い.




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004