IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

 

 酒井 裕司



2.採択者氏名


 代表者

 木戸 崇裕 (東京経済大学)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


 株式会社アットマーク・アイティ



4.採択金額

 

 5,980,000円



5.テーマ名

 

 共用著作物を利用したコンテンツ作成システムのためのフレームワークの開発



6.関連Webサイト


  http://www.sampou.org/cgi-bin/haskell.cgi?shelarcy&l=jp



7.テーマ概要(採択者)

 

 このプロジェクトは外注を利用した既存オープンソースプロジェクトの手早い強化と、本体部分の開発という二面で行われる。また、マニュアルやサンプルアプリケーションを提供した上で本体部分もオープンソースとすることで、手広く開発協力を仰いでいくつもりである。
 Haskell はマイナーな言語ではあるが、型推論を生かした定義ファイルでのオープンコンテンツのライセンスへの柔軟な対応、DSEL (Domain Specific Embedded Language) など Haskell ならではの特徴を生かしたプログラミングしやすい環境の充実により、即興的に欲しいソフトウェアを書いたり既存のソフトウェアをカスタマイズしやすくするなどオープンソースのライブラリならではの頼もしさを十二分に発揮した MySQL などのデータベースに続く破壊的イノベーションとして提供することができると思われる。
 また先の DSEL にマウスジェスチャーなどのユーザーインターフェースのトレンドを見据えた機能を取り入れていくことで、オープンソースプロジェクトの弱点である GUI に対する弱さを改善していくことも考えている。




8.採択理由(担当PM)

 

作業上の費用概算が甘めとも思いますが、基本的なニーズが存在する領域と考えられますので採択とします。オープンソースにトリガーされた、著作物の相互再利用という動きは、フリー著作物、または、無許可著作物の利用という形で爆発的に発展していますが、混合著作物を合法的に再利用しあうという方向性が不可欠であり、そのような環境を前提として提案は、現在有る技術の組み合わせによってプラットフォームの構築が可能性を示唆し得ているところに独自の視点を持っていると考えます。プロジェクト実施に際しては、目標とアウトプットに関して管理していきたいと思います。





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004