IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

 

 酒井 裕司



2.採択者氏名


 代表者

 加藤 崇 (金沢工業大学 情報工学専攻)

共同開発者

 西村 美由紀 ( 三谷産業株式会社)

 佐々木 和志 (金沢工業大学 工学部 情報工学科)

 石井 充 (金沢工業大学 工学部 情報工学科 講師)



3.プロジェクト管理組織


 北陸日本電気ソフトウェア株式会社



4.採択金額

 

 8,250,000円



5.テーマ名

 

 確率モデルに基づくCDNを応用した障害耐性サーバーの開発



6.関連Webサイト


 なし



7.テーマ概要(採択者)

 

 本提案は、Apacheに対するモジュールとして分散環境を作成する機能を提供し、自宅でPCを用いてサーバーを運用している人同士で協力して、自動的に障害耐性・負荷分散の機能を実現するものである。
 主として、個人事業者や中小企業など、通常はさほど負荷のかからないサーバーやグループウェアーを自宅などで運用するだけで十分であるため本格的な障害耐性機能を導入しない人や、学生など趣味的にサーバー立ち上げている人をターゲットとし、全くコストをかけずに、障害耐性・負荷分散の機能を提供する。

 自宅でサーバーを立ち上げると、雷やブレーカが落ちるることによる停電や、電源コードを足に引っ掛けてしまうといった、従来のサーバー運用環境ではありえなかった危険性が存在する。
 一方、自宅で運用するサーバーは通常はリソースが余っている。
 そこで、動作停止や一時的な負荷増大といった場合に、個人サーバ同士で連携して、ダウンしていないサーバーが代替の機能を自動的に果たす機能をApacheのモジュールとして提供する。いわば草の根分散環境の構築である。

 負荷分散の際に、実際に負荷が大きくなる前に、早めにデータをコピーし、アクセスを分散させる仕組みを提供する。このために、確率モデルに基づくCDNの仕組みを利用する。

 ブロードバンド・常時接続が普及し、近い将来、自宅でサーバーを気楽に運用する人が増加する時代が来ると思われる状況下で、必ず必要となる技術であると考えている。




8.採択理由(担当PM)

 

 趣味でサーバーを立ち上げる人のシステムがミッションクリティカルかという疑問はあるものの、サーバーシステム同士の弱分散的な補完関係が広範囲に存在し、全体としては安定な系を構成するというシステム基盤に関してはニーズが高い反面現実的な解決策が不足している領域でした。その中で同提案は実用的な落としどころを独自の視点でとらえていると考え採択としました。提案実現の過程においては、今までの弱結合分散技術固有の障害も存在しうると思いますが、がんばってほしいと思います。





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004