IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

 

 伊知地 宏



2.採択者氏名


 代表者

 堀 玄 (理化学研究所)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


 株式会社サーバードメイン



4.採択金額

 

 4,500,000円



5.テーマ名

 

  確率文脈自由文法に基づく遺伝子情報RNAデータベース検索システム



6.関連Webサイト


 なし



7.テーマ概要(採択者)

 確率文脈自由文法の確率的な書き換え規則を含む文法を与えると、この文法に即した構文解析を行うパーザを自動的に生成するパーザジェネレータを開発する。
 さらにこのパーザジェネレータを利用して、確率的な文法の形で記述されたRNAの2次構造に基づきRNAデータベースを検索する検索システムを開発する。

 柔軟なRNAデータベース検索システムが開発されるとともに、パーザジェネレータは自然言語処理など遺伝子情報処理以外の分野でも利用できる。



8.採択理由(担当PM

 

 元々の提案は確率文脈自由文法に対応するパーサージェネレータを主に作ろうというものである.提案者は脳科学・遺伝子科学の研究に従事している研究者であり,パーサージェネレータだけで十分に未踏性があると考えていたようであるが,これはそんなに難しいものではない.その一方,提案資料にはこのパーサージェネレータを使って遺伝子情報RNAデータベースの検索システムを作れることが書いてあり,PMはこちらの話に興味を持って面接で詳しく話を聞いたところ,未踏性が高い仕事であると感じた.提案者はこの方面の専門家であり,ソフトウェアの実現もおそらく可能であることがわかり,実用的な面でも価値が非常に高いので,遺伝子情報RNAデータベースの検索システムを必ず作ることを条件に採択する.





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004