IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM


 伊知地 宏



2.採択者氏名


 代表者

 千田 範夫 (出光興産株式会社)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


 日本エンジェルズインベストメント株式会社



4.採択金額

 

 3,500,000円



5.テーマ名

 

 Winmostar:分子計算支援ソフトウェアの開発



6.関連Webサイト


  http://winmostar.com/  



7.テーマ概要(採択者)

 

 ・本テーマは、計算化学の基礎技術である分子計算を簡単に実行できるソフトウエアを開発することを目的とする。
 ・既に開発済のWinmostarV2をベースにして改良し、より高機能でユーザーフレンドリーな分子計算支援GUIソフトWinmostarV3を開発する。
 ・Winmostarの特徴は、初級者の人にも使い易い操作性と持ちながら、MO(分子軌道法)計算の上級者には必須のZ-Matrixエディタを持つことである。
 ・今回開発する機能を追加すれば、実際の研究開発用として、広範囲に利用可能なプログラムとなる。





8.採択理由(担当PM)

 

 分子モデリング,分子計算を行うソフトウェアを開発する提案である.すでに基礎となる部分のソフトウェア開発は行われていて,フリーソフトウェアとしてリリースされているので,未踏性という面では若干弱い面もあるが,このソフトウェアが計算化学領域に与える影響はかなり大きいように感じる.何よりもコンピュータソフトウェアが専門でなく工業化学が専門なのに,一人でこつこつと画期的なソフトウェアを作ってきたことは,未踏ソフトウェア創造事業の人材発掘として非常に意味があるとともに,このソフトウェアを完璧に完成させ,もっともっと実用性のあるものにすることは意義深いものだと思う.開発者は工業化学とソフトウェア開発の両面で十分な知識を持っているので,質の高いソフトウェアが出来ることが大いに期待される.




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004