IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

 

 中島 秀之



2.採択者氏名


 代表者

 葛上 昌司 (東京大学 工学系研究科機械工学専攻 修士課程)

共同開発者

 人見 琢也 (東京大学 工学部システム創成学科)



3.プロジェクト管理組織


 有限会社情報基盤開発



4.採択金額

 

 5,500,000円



5.テーマ名

 

 PUI(Paper User Interface)の開発



6.関連Webサイト


 なし



7.テーマ概要(採択者)

 

 「背景と目的」従来の紙による電子入力方法としてはOCRやOMR(光学式マーク読取装置)があるが、OCRは事後的な対策であり、OMRも専用の機器を必要とするなど定型的で柔軟性のないものでしかなかった。これに対し、本提案では迅速でゆるやかな電子化を実現するために、最も普遍的な入力インターフェースである紙を用いた、PUI(Paper User Interface)を現実のものとすることを目的とする。
 「PUIについて」PUIとは、印刷された紙の上で行なわれるデータの編集と、コンピュータソフトウェアによるデータの編集が等価となるようなインターフェースであり、紙による専用の機器を使わずに汎用的な入力インターフェースを実現する。
 「効果」本提案で作成するPUIによって、ワープロで自由に記入フォームを配置したマークシートを作成し、スキャナやデジタルカメラによって簡単に電子入力を行ない、迅速で高度な情報化を行うことが可能になる。
 「提案内容」本提案ではPUIを実現するため@入力フォーム作成システムA読み取りシステムBデータ管理システムの3システムを作成する。さらにPUIの可能性を高めるために、携帯電話のカメラを用いた入力や、より簡易な入力を実現するための紙面の多機能化、高度な管理システムも開発する。
 「将来性」紙への入力を電子化可能なPUIは、キーボードなどのようにコンピュータを強く意識させることがないため、デジタルディバイドの解消に繋がる。また軽量で簡易な紙の特性から、電子デバイスを使うことが難しい災害現場、医療・介護、工事現場、土木施設の保守・管理等の現場でも迅速に電子化を行うことを可能にする。



8.採択理由(担当PM)

 紙の利便性と電子データの利便性を互いに補完することをめざし,データを印刷した紙に書き込み,そこから再び電子データに戻すという,アイデアの基本的方向は良いと思う.他に類似システムもいくつかある中で,シンプルさと手軽さを前面に押し出した設計と実装を期待している.





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004