IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

 

 中島 秀之



2.採択者氏名


 代表者

 近藤 秀樹 (中京大学 大学院 情報科学研究科博士課程)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


 株式会社創夢



4.採択金額

 

 6,471,000円



5.テーマ名

 

 計算機上での活動履歴を利用する記憶の拡張



6.関連Webサイト


  http://www.mind.sccs.chukyo-u.ac.jp/~hkondo/



7.テーマ概要(採択者)

 計算機上でのユーザの作業履歴を、アプリケーションに縛られずに作業環境全体として構造化して記録しておき、人の記憶の性質と整合させて利用することで、記憶を拡張するシステムを開発する。人の記憶は脆弱であり、情報検索システムなどが要求するキーとなる情報を必ずしも思い出せるとは限らない。しかし、例えばファイル名のようなキーを忘れてしまっても、そのファイルが関係している作業の概要や作業の断片については思い出せる場合がほとんどである。そこで、本開発では、作業活動の履歴を適切な粒度とレベルで一つの活動全体として構造化して蓄積しておくことで、断片的な記憶を手がかりに、履歴の中から関連する活動全体の履歴を一つのまとまりとして取り出し、そこから、失われた記憶に対応する情報を取り出すことができるようにする。提案するシステムでは、履歴を構造化し蓄積するNecoLoggerというシステムとその履歴の利用をサポートするRetrospectorという二つのサブシステムから構成される。 Necologgerに蓄積される適切な粒度とレベルの履歴情報として、キーストロークや画面イメージなど、主にOSレベルでユーザの活動履歴を獲得し蓄積する。複数のアプリケーションに渡るユーザーの活動履歴の情報は一度はOSを経由するため、このような履歴情報の集め方が、人の活動全体の履歴を記録するのに有効だと考えている。これらの履歴を活用するための検索やブラウジングのさまざまな手段をRetrospector が提供することで、関連する活動全体を一つのまとまりとして取り出すことを可能にし、計算機を使った活動における記憶の拡張を実現する。



8.採択理由(担当PM)

 

 計算機の操作履歴を記録しておき,それを手がかりに必要な情報を検索するシステムの提案である.自分でも1年以上前に作ったことは覚えていてもどこに格納したかわからない資料や,プログラムの設定や使い方を忘れてしまったものなど経験があるため,使ってみたい機能である.
 単なる便利なツールではなく,認知補助という位置づけが重要である.より大きな枠組みを目指して欲しい.失敗しても良いから,あまりこじんまりとしたアプリケーション開発にならないようお願いする.





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004