IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

 

 中島 秀之



2.採択者氏名


 代表者

 薬師寺 浩二 (九州工業大学 情報工学部 研究生)

共同開発者

 前田 良史 (九州工業大学 情報工学部 修士課程)
 南迫 博和 (同上)
 小出 洋 (九州工業大学 情報工学部 助教授)



3.プロジェクト管理組織


 株式会社シスコム



4.採択金額

 

 4,118,000円



5.テーマ名

 

 三次元GUIスタイルの提案とその開発環境の整備



6.関連Webサイト


 なし



7.テーマ概要(採択者)

 

 本未踏ソフトウェアでは、3次元の自由な表現力を多くのソフトウェア開発者やデザイナーに広め、洗練されたGUIスタイルの開発を促すことを目的とする3DアプリケーションのAPIを提案する。昨今複数発表されているLookingGlass等に代表される3次元デスクトップ環境では、その表現力の高さを活かしたアプリケーションが今のところ提案できていない。そこで本ソフトウェアを使用して、 かっこいいアプリケーションの一例を作り、その有効性を証明する。

 有効性を証明する例として、「惑星系をモチーフにしたスケジュール管理ソフト」をテーマとした「コスモスケジューラD」を作成する。予定を惑星、それに関するファイルを衛星と考えた新しいスタイルのGUIである。時間と共に予定は公転軌道を描き、仕事をこなした分だけその惑星系は輝きを増す。そこにはボタンもメニューもない美しいGUIが表現できる。本ソフトウェアにより、新たなGUIへの開発モチベーションが高まれば、先進的なデザイナーやアーティストがより楽しく、心地の良いデスクトップスタイルを創造していくであろう。
 本開発では、デモとAPIの設計と実装を同時に行う。また、開発中の3Dアプリケーションのデザイン・レイアウトなどのチェックをするための基本ツール群も作成する予定である。将来的にはプログラム初心者でも、デザインと開発を行えるビジュアルビルダーを提供したいと考えている。



8.採択理由(担当PM)

 

 3Dインタフェースを実用化しようという意欲的な提案であるが,3Dインタフェース自体が新しいわけではない.提案も既存のインタフェース上のツール作成にある.従ってツールの完成度をもって最終判断とする.3Dカレンダーツールを次世代の標準にすることを目指すという条件で採択する.単にプロトタイプを作ってみましたということでは満足しない.





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004