IPA






2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

 

 長尾 確



2.採択者氏名


 代表者

 森 純一郎 (東京大学 大学院生)

共同開発者

 杉山 達彦 (有限会社ウニークス 取締役社長)

 松尾 豊 (独立行政法人産業技術総合研究所 情報技術研究部門・研究員)



3.プロジェクト管理組織


 株式会社リオ



4.採択金額

 

 7,200,000円



5.テーマ名

 

 人の社会ネットワークを考慮した情報共有のためのアクセス制御環境の開発



6.関連Webサイト


  http://www.roligan.net



7.テーマ概要(採択者)

 Web上には日々多様な情報が発信されている.特に近年のblogなどの普及はプライバシや秘匿性の高い情報を含めた実社会の多様な情報のWeb上への流通を推し進めている.一方,Web上における従来の情報共有の枠組みでは発信者の意図を反映して適切に情報を流通させることが困難であるため,ユーザの情報共有の障壁となっている.セマンティックWebの実現へ向けて,このようなWeb上における急速な情報発信の流れと現状の情報アクセス制御のギャップを埋めることが必要となってきている.
 特にソーシャルネットワークなどにより実世界の社会的関係がWeb上で投影されつつある現在,実世界の社会的関係を反映した新たな情報共有のしくみが重要になっている.

 我々は現実社会において情報発信と人の社会的関係とが密接につながり柔軟かつ信頼ある情報共有が行われていることに着目し,人の社会ネットワークを考慮した情報共有のためのアクセス制御環境の開発を提案する.これにより,情報が発信者に納得される形で共有されるようになり,発信者のソフトウェアに関する信頼度が増す.さらには、信頼度が増すことにより、ユーザは相互に価値ある情報を発信可能になりセマンティックWebを中
心とした次世代Webの普及へ寄与するとともにユーザ間およびコミュニティ内の情報共有が実現する.さらに信頼できる情報共有基盤に支えられた各コミュニティの活性化は異なる組織,コミュニティ間の信頼ある横断的な情報共有へつながる.



8.採択理由(担当PM)

 

 個人情報の任意の要素に対するアクセス制限を社会ネットワークの仕組みに取り入れる発想はよい。ただし、ユーザへの負担が増える分だけ、提供される情報の質が向上する仕組みを確立する必要がある。困難な問題に取り組む姿勢を評価して採択とするが、今回は問題を適切な規模に限定して確実に成果を挙げて欲しい。





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004