IPA






2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM


 伊知地 宏



2.採択者氏名


 代表者

中原 淳(情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


 日本エンジェルズ・インベストメント株式会社



4.採択金額


 6,500,000円



5.テーマ名


 -動き出す実物大グラビアアイドル- Image Based Robot



6.関連Webサイト


 



7.テーマ概要


 魅力あふれるロボットをめざして,実世界で動作する,動画で表現されたロボット(Image Based Robot 以下ではIBRと呼ぶ.)を提案する.IBRは,人間社会に参加し,その時・場所の状況に応じて外見を変える.電子的な動画で構成されたIBRの身体は作成・加工・複製が容易なので,人間と同じように,個性的な外見のロボットが実現可能となる.
 このようなIBRを実現するために,投影する動画の高い再現性が必要である.なぜなら,実世界に投影された人物動画を,インタラクティブ性をもった知的な対象と錯覚させる必要があるからである.そのためには,投影環境・ユーザ行動に適応して,投影時に動画を補正する必要がある.ところが現在,投影動画の大きさ調整・ゆがみ補正・背景のマッチングなどといった補正を,統合的に実時間で処理する基盤ソフトウェアは存在しない.また,実世界におけるIBRの表示・状況認識のために,可動ビデオプロジェクタやRFIDセンサなどを制御する必要がある.しかしながら,これらのハードウェア制御を行う簡便なソフトウェアは存在しない.
 そこで本提案書では,IBRに特化した動画投影の補正・ハードウェア制御のための基盤ソフトウェア,IBR-Engineの開発を説明する.IBR-Engineを開発すれば,機械的な身体を持ったロボットが本質的に抱える,外見の柔軟性の欠如と設置・メンテナンスの困難性といった問題を解決できる.つまり,外見の柔軟性と設置・メンテナンスの容易性を備えた新しいロボットとして,IBRを実現できる.



8.採択理由


 テーマ名を見るとこれは何なのだろうと一瞬思ったが,人間の実映像を用いたインタラクティブシステムである.壁の前にいる人の動きにあわせて,可動ビデオプロジェクタで投影された人の映像が反応するというものである.あたかもそこに本当に人がいるかのように,壁にゆがむことなく自然な形で人を映し,そして人の動きを読み取って投影された人の映像を自然な形で反応させるという,いくつもの難しい技術をクリアする必要がある.機能的にはエージェント物理ロボットよりも人間に親和性のあるものを作るのが目標であるが,PMはインタラクティブな芸術,たとえば舞台や映画などへの応用が十分に考えられるものであると考える.開発者も提案書には世間でいうまじめでつまらない応用例を書いているが,本音ではインタラクティブな芸術を対象とするシステムまで完成させようと思っているようでこの点も評価できる.言葉では説明がなかなか難しい提案内容の奇抜な面白さと,完成したときの影響力の大きさを評価して採択と判断する.短い開発期間でどこまで完成するかわからないが,開発者は企業でのプログラマーとしての経験もあり,現在では芸術系大学の大学院に学生として在籍しており,その経験を活かして是非とも芸術をサポートするシステムとしてまとめ上げてもらいたいものである.ハードウェアをソフトウェア開発に必要な最小限のものだけにして,予算額を大幅に削った




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004