IPA






2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM


 長尾 確



2.採択者氏名


 代表者

中嶋 謙互(コミュニティエンジン株式会社 代表取締役)

共同開発者

寺岡 宏彰(株式会社ワイヤーアクション 取締役副社長)

小野 和俊(株式会社アプレッソ 代表取締役副社長)



3.プロジェクト管理組織


 株式会社リオ



4.採択金額


 7,130,000円



5.テーマ名


 XM支援ツール Galapagos の開発



6.関連Webサイト


 http://www.extrememeeting.org/ (準備中)



7.テーマ概要


 我々は、eXtreme Meeting(以下XM) というコンセプトを提唱している。
XMとは、効率のよい会議をするためのプラクティスを集めたものである。
今回の提案では、XM を実際のオフィスなどにおいて実践していくために役立つツールを「議事録ドリブンの会議」を中心コンセプトとして開発することが目標である。
 XM においてもっとも重要なプラクティスは、議事録をあるフォーマットにしたがって完成させることを会議の終了であると見なして会議を進行させる事である。
このことによって、
1) 議事録の質を維持できる
2) 議事録のライフサイクルを管理できる
3) 熟練した議長を必要としない
4) 参加者がビジョンを共有しやすくなる
といったような利点がある。

会議は組織における意思決定の基礎になる活動である。その活動を上記のような特徴をもつ情報ツールによって強力にアシストすることで、組織をより進化的・分散的なものに変化させることが可能である。こうしてXMは最終的に組織の変革、変質を迫る。
丁度 eXtreme Programming がそうであるように、Galapagos 開発プロジェクトの本当の狙いは、会議のプロセスを変革することを通して、組織そのもの、最終的には最大の組織である社会全体の変革を迫ることなのである。




8.採択理由


 会議というものは一般につまらないものである。提案されているXM(eXtreme Meeting)は会議のあり方に革命をもたらすことを予感させる。複数の人間が知恵を出し合って意思決定や計画立案を行うための支援ツールは今後も重要性を増していくだろう。申請者が日常的にXMを(簡易的なツールを利用して)実践している点や、プロジェクト実施期間以降にもさらなる展開が期待できる点も考慮して、採択とする。
 ただし、今回はより高度な機能を持ったツールの試作と実証実験に特化して、本格的なシステム開発は行わないものとする。




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004