IPA


2004年度第1回未踏ソフトのトップ





2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  天才プログラマー/スーパークリエータ


 




[ 「天才プログラマー/スーパークリエータ」の認定者 ]
[ 「天才プログラマー/スーパークリエータ」の認定基準 ]






 
 

 
「天才プログラマー/スーパークリエータ」の認定者
 

 


 2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業では、下記15名の開発者(敬称略)が優れた開発成果を残し、担当プロジェクト・マネージャー(PM)から「天才プログラマー/スーパークリエータ」との評価を得ました。

 (注)開発者の所属は事業実施時点の所属です。

 
(1)王 化 (University of Tokyo  Information Science & Technology)
 

 
テーマ名
 

 
 Cyber Assistant: Interface for Online Children Education
 

 
Alan Kay PM
の評価
コメント

 

 
 Wang was designated a "Supercreator" because he was able to take on a large and important project, organize his research well, choose what to work on and what to ignore, and to produce excellent results on a par with a PhD professional in the field. This was very impressive work from a student, and we expect that we will hear more from this researcher in the future.
 

 
開発成果評価書
 

 
 PMによる開発成果の評価


(2)吉野 孝 (和歌山大学 システム工学部 助教授)


テーマ名


 異文化コミュニケーションのための知識共有システムの構築


石田 亨PM
の評価
コメント



 吉野氏のソフトウェアデザイン能力および開発能力は,特にGUIの操作を中心したソフトウェアおよびネットワーク対応のソフトウェアの開発において顕著である.従来のソフトウェアは,テキストなどの表示を中心としたシステムが多いが,より自由度の高い画面上で多種の操作に対応した機能を実現している.
 開発されたコードは膨大で, さまざまなサービスが提供され, 統合され, 稼動しているのが素晴らしい. サービスは, チャット, 絵文字, 発想支援ツール, コンテンツ組織化ツール, ビデオ会議システム, プレゼンテーションシステム, 機械翻訳サービスなど, 多岐に渡る. さらにそれらの機能をネットワークに対応したリアルタイム系のソフトウェアとしている点も高く評価できる.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

  
(3)高林 哲 (独立行政法人産業技術総合研究所 研究員)


テーマ名


 世界規模ソースコード検索エンジンの開発


石田 亨PM
の評価
コメント



 ソースコード検索エンジンは「昔からありそうなのに, 今までなぜか存在しなかった」という類いのソフトウェアである. このようなテーマを選んだ時点で, 既に, 高林氏の着想力と実現力が現れている. ソースコード検索エンジンのユーザであるソフトウェア開発者の視点から, 必要な機能と特性が検討され, ソフトウェアの設計が行われている. また, 必要な機能を満たすだけでなく, 使いやすさを意識してきめ細かい配慮を払っている点が評価できる.
 思い描いた構想を実際のシステムに落とし込むところがソフトウェア開発の腕の見せどころである. 高林氏は, 当初から実用性に重点を置き, 短期にオープンソース化し, 更改を繰り返し, 開発者グループを徐々に形成していくなど, その手腕と技術力には卓越したものがある.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(4)大谷 淳平 (株式会社アントラッド)


テーマ名


 Lamp:教育的かつ実用性のあるゲームミドルウェア


伊知地 宏PM
の評価
コメント



 大谷氏は,初心者でもゲームの開発を行えるような非常に素晴らしいゲームミドルウェア Lamp を開発した.Lamp は高価な商用ゲームミドルウェアに勝るとも劣らない出来栄えであり,それに加えて Lamp を使ってゲーム開発について学べる教科書も作成され,初学者が独学でゲーム開発を行える環境を完璧に作り上げた.これは非常に未踏性の高い開発であり,ゲーム業界の人材育成への影響も大きい.

 さらに,大谷氏は開発において,卓越したソフトウェア設計能力,プログラミング能力を示し,「天才プログラマー/スーパークリエータ」と呼ぶのに相応しい.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(5)新谷 虎松 (名古屋工業大学大学院 工学研究科 教授)


テーマ名


 WisdomWeb:インセンティブに基づく知恵の共有システム


梅村 恭司PM
の評価
コメント



 通常のWebブラウザを利用して情報の共有の場を作成する事例は多いが、記入したものが即時に共有状態に反映するという機能は、表面的な単純さとはうらはらに実現の難しい技術であった。そして、即時に反映されないことは、共有空間の実現を行うときに、最後の詰めとなる部分である。そして、この差は利用者にはすぐにわかる性質であり、インパクトのあるものであった。

 一般的に、実現するまではその価値がわからず、かつ、実現が難しいものを実現することは天才クリエータの資質に属すると判断できる。今回実現した機能を開発しようという企画が可能であったのは、代表者の今までの蓄積と見識なしではありえない。代表者のシステムを企画し、開発体制を維持してシステムを実現した実力は、今後もいままでに存在しなかったようなシステムを継続的にまとめていく力があると判断した。


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(6)伊藤 孝行 (名古屋工業大学大学院 工学研究科 助教授)


テーマ名


 WisdomWeb:インセンティブに基づく知恵の共有システム


梅村 恭司PM
の評価
コメント



 通常のWebブラウザを利用して情報の共有の場を作成する事例は多いが、記入したものが即時に共有状態に反映するという機能は、表面的な単純さとはうらはらに実現の難しい技術であった。そして、即時に反映されないことは、共有空間の実現を行うときに、最後の詰めとなる部分である。そして、この差は利用者にはすぐにわかる性質であり、インパクトのあるものであった。

 一般的に、実現するまではその価値がわからず、かつ、実現が難しいものを実現することは天才クリエータの資質に属すると判断できる。今回、代表者の要求に応じて、他ではみられない即時更新の環境を既存のブラウザに実現すると言う技術は、共同開発者の力量なしでは実現できなかったと判断した。


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(7)住井 英二郎 (University of Pennsylvania Department of Computer and Information Science, Research Associate )


テーマ名


 美しい日本のMLコンパイラ


加藤 和彦PM
の評価
コメント



  住井氏は,三点の目標を掲げて開発を行った.第一に実装が簡潔であること(約2000行),第二に性能のよいコードの生成を行うこと(OCamlやGCCと同等以上),第三に自明でないアプリケーション(例えばレイトレーシング)の実行が可能であることである.これら三点を同時に達成することは容易でないが,その達成に成功した.実行性能としては,典型的な関数型プログラムであるアッカーマン関数を0.9秒(比較:GCC 6.8秒,OCaml 0.9秒),典型的な命令型プログラムであるレイトレーシングを17.0秒 (比較: GCC 14.7秒,OCaml 36.7秒)を達成した.

 今回の開発はML言語を対象としているが,他の言語を含めて,世界的にもほとんど例のない類のソフトウェア開発である.コード数を多くせず,高い読解性を維持しながら,高い性能を達成するために,注意深い設計と実現が行われている.コンパイラの教育・研究に資すること大という意味で,実用的ソフトウェアの開発と解することも出来よう.

 以上のことから同氏は,当PMがスーパクリエータの要件とする,未踏的,かつ,実用的なソフトウェア の開発を行ったと言うことができる.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(8)近藤 秀和 (Lunascape株式会社 代表取締役)


テーマ名


 人々の情報収集効率向上のための基盤ソフトウェア開発


加藤 和彦PM
の評価
コメント



 2004年12月に公開したLunascape2のダウンロード数が2005年2月末で20万以上に達していることは驚異的である.非常に多くの一般ユーザによって支持されているソフトウェアの開発に成功しており,実用的なソフトウェアを開発したという点では申し分ない.

 開発したソフトウェアの中心は非常に多くの機能を有するタブ型ブラウザであり,その機能はおそらく世界でもトップレベルであり,未踏のソフトウェアを開発したといって差し支えないであろう.個人の力でこれを達成しているのは驚きである.ビジネス展開まで既に始めており,「未踏」プロジェクトの一つの理想的な姿となっているのではないかと考えられる.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(9)奥村 貴史 (旭川医科大学 医学部医学科 学生)


テーマ名


 エンドホストにおける汎用ネットワーク制御機構の研究開発


加藤 和彦PM
の評価
コメント



 同氏はかねてより,エンドホストレベルでネットワークトラフィックを制御するための新しいモデルを提案し,実現(当初はFreeBSD)を行ってきた.今回の開発では,OSカーネル内外の2万行規模のソフトウェアを,主要UnixであるFreeBSD最新版, Linux, NetBSD, OpenBSD上に移植を行った.FreeBSD最新版については自身で行い,また,日本,インド,アメリカにまたがった国際的な開発協力者の発見,開発の指揮・サポートを行っている.

 OSレベルのソフトウェアは開発が容易でないことはよく知られており,限られた「未踏」開発期間でこれらを達成した彼のバイタリティには敬服するしかない.また,プロジェクト管理能力についても高い能力を有していると考えられる.実用的かつ未踏的なソフトウェアの開発を行ったと言うことができよう.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(10)本田 晋也 (名古屋大学 情報連携基盤センター 研究員)


テーマ名


 マルチプロセッサシステムに対応したシステムレベル開発環境の開発


中島 達夫PM
の評価
コメント



 開発者が開発したソフトウェアは、ハードウェア/ソフトウェアの協調設計を支援するツールである。ツールを用いることによりハードウェア部とITRON上のソフトウェア部を自動的に生成することを可能とする。

 今後の組込みシステムの開発効率を向上するために大変優れたツールであり、システムの完成度も実用的に使用することが可能であると思われる。また、本ツールは次世代の組込みシステムにおいて重要となるマルチコアの対応も考慮している。そのため、次世代の組込みシステム開発用のツールとして広く使用される可能性があると思われる。 また、開発者も大変精力的に関係企業との協力関係を作るなど、成果物の製品化に向けた努力もおこなっており、スーパークリエータにふさわしい人物であると思われる。


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(11)奥 一穂 (株式会社モビラス 代表取締役)


テーマ名


 ウェブアプリケーション (Apache/Perl) 統合開発環境の開発


酒井 裕司PM
の評価
コメント



 評価の基本用件に当てはめて考えれば、奥氏の場合は、「発想力」、「組織力」の点において、まず、過度に複雑にならないニーズのあるものを発見し、妥当なアーキテクチャーを当てはめる点、および、自らの組織つくり、課題の解決に当たる点において該当する。

 これに加えて、未踏プロジェクトの期間中に割り当てられたソースの限定性の中で、プロトタイプレベルではあるが、当初提案された機能仕様をさらに進化させた形で実現し得ている点においてスーパークリエーターにふさわしい力量を持っているといえる。
 加えていうならば、自分自身が設計した機能を、すでに利用可能な既存技術との中で位置づけを適切に行い、今後の方向性を含めて見極めている点で今後、世界的に通用するにたる人材であると考える。


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(12)坂本 竜基 (株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 研究員)


テーマ名


 メタデータの豊饒化にむけた公共的アノテーションシステム


長尾 確PM
の評価
コメント



 開発者らが実現したアノテーションシステム、すなわちコンテンツに対するメタ情報(コメントや評価などの情報)の付与および管理システムは完成度が高く、シンプルの割に有用性も高いと思われる。アノテーションによってコンテンツ制作者以外の大量の閲覧者の知識も自動的に集約していき、コンテンツの価値を高めていこうというアプローチは大いに将来性があると思われる。

 開発者は実現したシステムの全体の設計および主要な部分の実装を担当している。また、開発者はプロジェクトの代表者でもあり、成果報告会でのプレゼンテーションも説得力があり、成果報告書も簡潔でわかりやすく書かれていた。このように有用性と将来性の高いシステムを実現し、専門家でない人々に対しても説得力のあるプレゼンテーションを行い、しっかりしたドキュメントを作成した点は高く評価でき、スーパークリエータとしての能力を十分に有していると判断できる。


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(13)寺岡 宏彰 (株式会社ワイヤーアクション 取締役副社長)


テーマ名


 XM支援ツール Galapagos の開発


長尾 確PM
の評価
コメント



 開発者らが提唱するエクストリームミーティングと呼ばれるコンセプトは、効率的な会議のあり方をいくつかのプラクティスとしてシステム化したものである。その中で特に重要なプラクティスに「議事録をあるフォーマットに従って完成させることを会議の終了であると見なして会議を進行させる」ことがある。開発者らがこのコンセプトに基づいて実現した議事録の作成・管理による会議支援システムは完成度が高く、既存の会議を一変させるだけの将来性や社会的インパクトがあると思われる。

 また、開発者は、プロジェクトの初期段階で、別プロジェクトで多忙な代表者に代わりプロジェクト遂行において主要な役割を果たしていた。さらに、開発者が主に担当したサブシステムの一つである議事録管理用グループウェア、つまり、Web上で議事録の検索・閲覧・管理を行うソフトウェアの重要性はシステム全体において非常に大きい。このように画期的なアイディアを提案し、その実現を着実に行った点は高く評価でき、スーパークリエータとしての能力を十分に有すると考えられる。


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(14)田川 欣哉 (有限会社リーディング・エッジ・デザイン)


テーマ名


 画像処理を用いたプレゼン支援インタフェース「Afterglow」の開発


中島 秀之PM
の評価
コメント



 「Aftergrow」と呼ばれる,パワーポイントのようなプレゼンテーションツールを拡張するソフトが開発された.このシステムの最大の特徴はレーザポインタによる指示であるが,そのためにレーザポインタの位置を小型カメラで取得するための手法が開発された.プロジェクタの投影像のゆがみの自動補正や,シャッター速度などのノウハウが蓄積されている.また描画に関しても,手持ちのレーザポインタの軌跡はぶれるし,カメラでは間歇的にしか位置が取得できないため,それを補間し自然な形で平滑化する手法が開発された.
 これまでにありそうで,実は存在しなかったシステムの提案である.このシステムのインパクトは大きく,PM自身も使ってみたいものであるし,今後世の中に広まって行くと考えている.提案されたアイデアはそのまま容易に実装できるものではなく,様々な困難が伴ったと考えられるが,それらを着実に解決し,製品レベルに近い完成度を達成したことは大いに評価できる.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 
(15)朝倉 民枝 (グッド・グリーフ! 代表)


テーマ名


 幼児向けインタラクティブWebソフトの開発


原田 康徳PM
の評価
コメント



 朝倉氏が開発した「ピッケのおうち」は,ただのWebコンテンツとしてみてしまうと,評価を大きく見誤ることになる.これは次の時代を担う子供達に対して,コンピュータ・インターネットとの最初の出会いが幸せなものであって欲しいという,朝倉氏の願いが込められたソフトウェアである. どうしても,幼児向けソフトウェアというと,コンピュータを子守の代わりとして見てしまう傾向がある.こんなコンピュータソフトウェアに育てられた子供はかわいそうである.しかし「ピッケのおうち」では,あえて年長者と一緒でなければ楽しめないようなつくりにすることで,コンピュータの持つネガティブなイメージを一掃することができた.今後,この考えに影響を受けた,多くのソフトウェア・コンテンツが登場することを願っている.
 また,人間が直接触るソフトウェアというのはきめ細かな感性が込められていないといけないと考える.それがまずいと,せっかくのいいものも台無しになってしまう.その点,朝倉氏の開発の過程を横で見ていて,粘り強く質の向上に取り組む姿勢はすばらしいものであった.
 また,大きな課題をソフトウェア研究者に投げかけたという点にも一言ふれたい.朝倉氏の書くシナリオは,ほとんどプログラムの記述と言ってよいものであったが,それを直接実行できるシステムは世の中には存在しない.意を汲んだ優秀なプログラマが既存の言語に翻訳しているのである.これを可能とするシステムを開発できると,もっと手軽にコンテンツを作ることができるであろう.もし,将来,朝倉氏が研究者と共同でこのようなシステムを研究開発するときがきたら,氏の妥協しない粘り強い性格がプロジェクトを必ず成功に導くことであろう.
 以上を総合して,スーパークリエータとして推薦する.


開発成果評価書


 PMによる開発成果の評価

 


                                                         ページトップへ



 
 

 
「天才プログラマー/スーパークリエータ」の基本認定基準
 

 


 「天才プログラマー/スーパークリエータ」については、IPAで「新規性(未踏性)」、「開発能力」、「将来の可能性」から基本認定基準を下記のように定義し、これを基本に各プロジェクトマネジャーに具体的な認定基準を独自の観点から設定して評価いただいています。


    未踏ソフトウェア創造事業に係る「天才プログラマー/スーパークリエータ」の定義について
基準項目 基本認定基準(注) スーパークリエータが生み出す世界
新規性(未踏性) アイディア、発想力、独創力 学会で発表され学問的な認知がある。 国際学会発表回数
論文・学会誌掲載回数
開 発 能 力 創造力、企画・設計能力が高く、
プログラムコーディングが早い。

ソフトウェアのデザイン能力が高い。
設計したデザインを短期間にプログラム

する能力を持つ。

開発ソフトの処理・レスポンス速度が高い
将来の可能性 末恐ろしさを秘めている。 開発ソフトの有用性が高い。
市場ニーズが高い(使える)ソフトである。
事業化、商品化件数、
オープンソフト(ダウンロード数)

  (注)スーパークリエータの認定は、少なくとも基本認定基準のいずれか1つ該当している場合とする。


 
 

 
各PMの「天才プログラマー/スーパークリエータ」認定の評価基準
 

 


 各プロジェクト・マネージャー(PM)における「天才プログラマー/スーパークリエータ」認定の「評価基準」を以下に公開します。

 


1.Alan Kay PMの評価基準


  Projects were evaluated via a number of criteria and from the start of the application process.
1. Overall merit of the initial proposals;

2. Progress reports were submitted periodically to PM for review and comment. Partial evaluation of overall project comes from reading and discussion/email based on progress reports;
3. Face to face meetings and presentations; at two times the grant recipients gathered in Kyoto for presentation of their project. PM made evaluation of projects based on the presentation, presentation materials from both the interim and final face to face presentations;
4. Written materials presented as final report. Each grant recipient submitted papers and online materials for review and dissemination.

 


2.石田 亨PMの評価基準


 プロジェクト採択基準は以下のとおりである.
  ・ アイデアのインパクト(新規性・事業化の可能性・社会的意義)
  ・ ソフトウェアの企画・立案能力や開発能力
 天才プログラマー/スーパークリエータとしては, 採択基準を満たすアイデアを持つ方々の中から, 特にソフトウェアの企画・立案能力や開発能力が顕著な方を認定したい.


 


3.伊知地 宏PMの評価基準


 以下の項目を基準として複数の項目に合致する者を,天才プログラマー/スーパークリエータとして認定する.
1. 未踏性の高い開発成果を成し遂げた.
2. 世間への影響力の大きい実用的な開発成果を成し遂げた.
3. 優れたプログラミング能力を持っている.
4. 優れた企画力を持っている.
5. 開発に対して執念のようなものを感じさせる.

 


4.鵜飼 文敏PMの評価基準


 今までになかったソフトウェアを開発できたか、今まで問題とされていた部分をうまく解決できるように改善できたか。
 長期に渡って使われていけるようなソフトウェアの開発ができそうか。継続してソフトウェア開発を続けていけることができそうか。
 多くの開発者・貢献者の協力を得てプロジェクトをまとめていけるかどうか。方向性を決めてそれに向けて多くの人の協力を得つつプロジェクトをすすめていけるか。ドキュメンテーションなどによる説明能力やメールでのディスカッション、交渉能力など。
 国際的な場で活動できているか。国際競争力があるか。

 


5.梅村 恭司PMの評価基準


 「天才プログラマー/スーパークリエータ」の条件は、作成された結果で判断する。すでに類似の機能をもつプログラムが存在していた場合は、その性能を1桁以上向上させたものとする。また、いままでに存在しない機能をもち、性能の比較ができないプログラムにおいては、プログラムを試しに使用するだけで、その新しさによって、ユーザを獲得していくような機能を提供するものとする。
 既存の同じようなシステムがある場合は、その性能を一桁向上させた場合に天才と認定する。既存の同じ機能をもつシステムがない場合は、技術的な背景のないユーザにとっても、その優越性が明らかである場合に天才と認定する。

 


6.加藤 和彦PMの評価基準


 下記の二点を満たすことを「天才プログラマー/スーパークリエータ」評価の条件とする.
  ・未踏性のあるソフトウェアを開発していること.
  ・実用に供するレベルのソフトウェアの開発に成功していること.


 


7.坂村 健PMの評価基準


 本プロジェクトにおける「天才プログラマー/スーパークリエータ」に関する基準であるが、「スーパークリエーター」と「天才プログラマー」の基準は一致しない部分があると考えている。「クリエーター」はどちらかと言えば、アイデアや企画力に第一義的な価値が置かれるが、「プログラマー」はソフトウェアの技術力に第一義的な価値観があると考える。

 本プロジェクトでは、産業界への貢献という観点から、「プログラマー」の資質と能力に長けた人材を育成する立場をとりたい。そこで、「天才プログラマー」とは以下の基準を満たす人材と定義する。

1. プログラミング言語の仕様やその処理系の実装、オペレーティングシステムやハードウェアのメカニズムを深く理解し、課題に応じて適切な技術を選択し、更にそれらの性能や機能を十二分に引き出すことのできる、プログラミングスキルを有していること。

2. ドキュメントやコードのコメント、周辺サポートツール、コードの移植性や保守性など、現実社会の中でプログラムが利用・保守されるために必要な努力が払われている、ある種、社会性のあるプログラミングを行う能力を有していること。

3. なによりもプログラミングにかける情熱を有していること。

 


8.中島 達夫PMの評価基準


 作成したプログラムが実用面または研究面において大変優れていることを評価基準とする. 

 具体的には、実用面に関しては、プログラムが広く一般に使用されるためにどのような努力をおこなったか、または、ビジネスとして広くインパクトを与える可能性があるかを重要な基準とし、研究面に関しては開発した研究成果が著名な国際会議や論文誌で採録されたかを重要な基準とする。


 

 
9.酒井 裕司PMの評価基準
 

 
●アプリケーションとして有用なものを発見できる
●有用なアイディアを複雑性を最小化した実装として設計できる
●実現に必要な他者の力を組織化できる
●設計を、他にみられない質を持ったところまで作り込める
 発想力、実装力、組織力、継続力において、優れており、実証された実績を持っていること。


  

 
10.長尾 確PMの評価基準
 


 以下の基準に基づいて判断した。
1.実現したシステムの完成度(提案時の目標をどの程度達成しているか)
2.実現したシステムの有用性
3.実現したシステムの将来性と社会的インパクト
4.開発者のシステム全体における貢献度
5.開発者が代表者の場合、成果報告会におけるプレゼンテーションの説得力
6.開発者が代表者の場合、成果報告書のわかりやすさ

  

 
11.中島 秀之PMの評価基準
 

 
 提案された概念が,これまでに他人が思いつかなかったようなユニークなものであり,またそのインパクトが大きいことを未踏性の最大要因とする.さらにそれを完成させ,実用レベルに近いところまで仕上げる能力が必要条件である. 以上2点を基準とする.

 

 
12.原田 康徳PMの評価基準
 

 
1)新しい領域を切り開いたこと.この開発を種として,今後様々なソフトウェアの誕生が予想されること.
2)ソフトウェアに対してきめ細かな態度で丁寧に取り組んでいること.

 ソフトウェアの小さな一つ一つの質の向上は全体の印象に大きく影響する.これはそのソフトウェアに対する強い想いが無ければ遂行できないことである. 以上を基準とした.

 


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004