HOMEIT人材育成アジアIT人材育成フィリピン国家IT資格財団(PhilNITS)のマリア・コラソン・アコール理事長がIPAに来訪されました

本文を印刷する

IT人材育成

フィリピン国家IT資格財団(PhilNITS)のマリア・コラソン・アコール理事長がIPAに来訪されました

写真
右から 藤江理事長、マリア・コラソン・アコール理事長、田中理事、小川本部長補佐

1.訪問概要

フィリピンにおいては、ITPEC設立後の2006年から情報処理技術者試験をベースとした「アジア共通統一試験(ITPEC試験)」が実施されています。その実施主体であるフィリピン国家IT資格財団(PhilNITS)のマリア・コラソン・アコール理事長がIPAに来訪され、藤江理事長及び関係役職員と懇談を行いました。両者は、アジア共通統一試験の普及・促進に向けて今後も協力関係を継続することを確認しました。
IPAでは、今後もアジア共通統一試験を通じて、フィリピンをはじめアジア各国のIT人材の育成・確保が進み、IT関連産業が発展し、日本とアジア各国におけるIT人材の流動性向上が図られることを期待しています。

2.ITEEのアジア展開について

IPAは、国境を越えた質の高いIT人材の確保、流動化を図るため、特にアジア各国との連携を強化するために、我が国の試験制度との相互認証を推進しています。
現在、インド、シンガポール、韓国、中国、台湾、フィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、モンゴルの11カ国・地域と協定を結び協力関係を構築しています。
相互認証を締結した国のうち、フィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、モンゴルの6か国はITPEC(IT Professionals Examination Council)という協議会を設立し、IPAの支援の基、日本の情報処理技術者試験をベースとしたアジア共通統一試験を2006年より実施しています。また、2014年9月にバングラデシュが新たにITPECに加盟し、2014年10月試験から、この7か国においてアジア共通統一試験が実施されています。
http://www.ipa.go.jp/jinzai/asia/kaigai/001.html

3.お問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 IT人材育成企画部 国際グループ
TEL : 03-5978-7607
E-mail :
(このメールアドレスに特定電子メールを送信しないで下さい。)