HOMEIT人材育成アジアIT人材育成エヌ アイ カーン バングラデシュ郵政通信情報技術省 事務次官の藤江理事長表敬

本文を印刷する

IT人材育成

エヌ アイ カーン バングラデシュ郵政通信情報技術省 事務次官の藤江理事長表敬

 
会談の様子   会談の様子

   
左:IPA理事長 藤江一正
右:郵政通信情報技術省ICT部門
事務次官 エヌ アイ カーン氏
   

1.訪問概要

バングラデシュにおいては、JICAによる「情報処理技術者試験(ITEE)マネジメント能力向上プロジェクト」がIPAの協力のもと実施されています。このたび、プロジェクトの所管省庁であるバングラデシュ郵政通信情報技術省のエヌ アイ カーン事務次官が藤江理事長を表敬し、IT人材育成等に関して意見交換を実施しました。両者は、今後も協力関係を継続し、ITEE導入が両国経済関係のさらなる発展の契機となることを期待する旨表明しました。

2.ITEEマネジメント能力向上プロジェクトの概要

  1. 2012年10月、情報処理技術者試験(ITEE)導入およびその運営能力向上を目的としたJICAの「ITEEマネジメント能力向プロジェクト」がバングラデシュにおいて開始されました。プロジェクト期間は2012年10月から2015年12月までの約3年間となります。
  2. IPAは、試験の運用の指導、日本の試験問題の提供などを行うとともに、問題作成ノウハウの技術移転といったサポートを実施しています。
  3. 2013年10月27日には、第1回トライアル試験(日本における基本情報技術者試験に相当)が実施され、合格率は、アジア共通統一試験を実施している 7ヶ国中2位(15.8%)でした。また、本年4月27日には、第2回トライアル試験が成功裏に実施されました。
    アジア共通統一試験について
  4. この結果を受け、バングラデシュは本年9月に、アジア共通統一試験の実施国で構成された「ITPEC」への加盟を予定しており、本年10月には、正式なアジア共通統一試験を実施する予定です。
  5. なお、本年5月26日、安倍総理とハシナ首相は共同声明において、IPAおよびJICAの技術協力により本年10月末までにバングラデシュにおける情報処理技術者試験の制度導入が予定されていることを歓迎し、本制度の導入を含め政府の支援と民間セクタの関与によって、バングラデシュのIT および関連産業が発展することへの期待が表明されました。
    プレス発表 本年10月のバングラデシュにおける「情報処理技術者試験」制度導入について
    外務省 日・バングラデシュ首脳会談(概要)

3.お問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 IT人材育成企画部 国際グループ
TEL : 03-5978-7607
E-mail : (このメールアドレスに特定電子メールを送信しないで下さい。)