HOMEIT人材育成アジアIT人材育成アジア諸国の情報処理技術者試験について

本文を印刷する

IT人材育成

アジア諸国の情報処理技術者試験について

最終更新日:2014年9月4日

ソフトウェア技術及び市場のグローバル化に伴い、国境を越えた質の高いIT人材の確保、流動化を図るためには、各国のIT技術者のレベルを知ることが重要です。
アジア諸国は、(1)IT試験を国家試験として独自に実施している国・地域と(2)アジア共通統一試験としてIPAの協力の下で試験を実施している国があります。

(1)IT試験を国家試験として独自に実施している国・地域として、次の5ヶ国・地域があります。

 インド  |  中国  |  韓国  |  シンガポール  |  台湾 

(それぞれの試験制度の説明は、国・地域名をクリックしてください。)

(2)アジア共通統一試験としてIPAの協力の下で試験を実施している国として、次の7ヶ国があります。

 フィリピン  |  タイ  |  ベトナム  |  ミャンマー  |  マレーシア  |  モンゴル  |  バングラデシュ

(それぞれの試験実施機関の説明は、国名をクリックしてください。)