展示概要

 各開発者の出展製品またはテーマの一言概要を一覧にしました。

企業・団体展示一覧

企業・団体による開発成果の展示ブースです。

ブース
番号
出展者名 出展テーマ
ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2008(SPOTY)
1 株式会社ハイパーテック Crack Proof(クラック・プルーフ)
概要
強固なセキュリティハードウェアもクラッキングにより無効化される。
また、オンラインゲームもチートによるRMT被害が発生している。
本ソフトウェアはクラッキングやチートからプログラムを強力に保護する。
 
2 株式会社ワークスアプリケーションズ 圧倒的な業務適合率を実現する会計パッケージシステム『COMPANY Financial Management』のご紹介
概要
ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2008受賞製品『COMPANY Financial Management』を出展いたします。
『COMPANY Financial Management』は、大手企業のあらゆる会計業務を網羅し、連結・開示を含む制度会計、管理会計までも一元管理できる統合パッケージシステムです。カスタマイズが必要ないほど豊富な機能を有し、日本企業特有の商習慣や法改正などに柔軟に対応することが可能です。
会場では、『COMPANY Financial Management』を含むCOMPANYシリーズのデモンストレーションを中心に、各機能の特長と導入メリットをご紹介いたします。皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
 
3 ビジネスオンライン株式会社 中小企業向けのASP・SaaS型会計ソフト「ネットde会計」
概要
今、中小企業のIT化の切り札としてSaaS(サース)が注目されています。
本年より経済産業省の中小企業向けSaaS活用事業「J−SaaS」がスタートするなど、国の事業としても推進されています。 SaaSは、パソコンソフト等に比べ安価であるだけでなく、ソフト導入やバージョンアップなどの手間がなく、また税理士等とネットでやりとりできるので、とても簡単で便利です。
当社の会計SaaS「ネットde会計」は、全国の商工会議所、税理士等を通じて9万社以上の利用実績を誇っており、また「J−SaaS」にもSaaSベンダーとして参加しています。
中小企業にとってSaaSはどういうメリットがあるのか、実際のデモンストレーションを交えながらご説明させていただきます。
 
4 株式会社アドバンスト・メディア 音声によるメール入力
概要
当社音声認識技術AmiVoice(R)は従来の音声認識とは異なり、人中心の自然な入力を可能とする技術です。音声認識技術AmiVoice(R)を使い、実用性に耐えうる高精度音声認識を実現し、日本発、世界初*) の携帯電話での音声によるメール入力が可能です。
*) 携帯電話での一般ユーザ向けサービスにおける、自由文音声メール入力の実用化。(当社調べ)
 
5 Eugrid 株式会社 Eugrid SecureClient
概要
既存のIT資産を活かしながらシンクライアントを実現し、セキュリティを向上し、かつPCの運用・管理コストを激減するソフトウエア製品。また、社外利用ではオンラインとオフライン利用の両方が可能。
 
6 株式会社ナレッジクリエーション Web合成音声配信システム「vds」(ボイス・デリバリー・システム)
概要
「vds」は、Webサイトの内容を音声で読み上げるためのサービス(WebAPI)です。Webサイトの作り手が特別なソフトウェアを導入することなくホームページやWebアプリケーションに音声を組み込むことができます。また、Web利用者も特別なソフトウェアをインストールすることなく音声よりWebの内容を聞くことができます。「vds」は、人にやさしいユニバーサルデザイン化されたWebサイトを提供することで、アクセス数の増加とともに、Web閲覧者へ「安心・安全」(企業イメージの向上)を提供できます。
<受賞歴>
・SPOTY2008
・MA4「秋元裕樹審査員特別賞」
・かながわビジネスオーディション2008「神奈川県技術士会賞」
・横浜ビジネスグランプリ「最優秀賞」
・かながわキラリチャレンジャー大賞「敢闘賞」
 
7 有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所 『ユニケージ開発手法』と開発実例のご紹介
概要
パッケージ不要、ミドルウェア不要でありながら、高機能な大規模業務システムを迅速に開発できるユニークな開発手法を、実例を交えながらご紹介いたします。
当研究所のユニケージ開発手法は、UNIX/Linuxのシェルスクリプトを利用する枯れた技術でありながら、極めて高い開発生産性を有する開発手法です。マルチコアプロセッシングにも対応するなどハードウェアの能力を最大限引き出しながら、UNIX/Linux上での抜群の移植性が確保されていますので、開発のイニシャルコストだけでなく、システム更新時のコストも劇的に引き下げることができます。
展示では、ユニケージ手法を用いて開発を行っているSIer様、ユーザー企業様のご協力も得て、開発や保守の実際についてご紹介して参ります。
オープンソフトウェア利用促進事業
8 株式会社オークニー ここまで広まったオープンソースGIS(MapServer)
概要
株式会社オークニーは、2003年度のオープンソースソフトウェア活用基盤整備事業で「オープンソースGISプラットフォームの開発」として採択され、オープンソースの地図エンジンであるMapServerとGRASSを国際化対応しました。2004年から製品として販売を開始し、以後順調に販売・導入を増やし、既に国内だけで官公庁・自治体・民間を中心に約350団体に販売され、弊社のコア事業となっています。また、国際化の実現により、国内だけでなく海外のダブルバイト圏の国々でも広く活用されるようになりました。
今回の展示では、MapServerの活用事例や関連地図データ製品、弊社が提供するサービスなどをご紹介いたします。
 
9 株式会社クリアコード milter manager
フリーソフトウェアで迷惑メール対策 -迷惑メール対策システムの構築を簡単・低コストにするmilter managerのご紹介-
概要
迷惑メール対策には、様々な特徴を持ったmilterを組み合わせて、効果的に適用させることが有用です。しかし複数のmilterを利用する場合、設定や管理コストの増大が問題となります。 milter managerは迷惑メール対策の適用条件を柔軟に設定し、さらにmilterの管理コストを低減することを目的として開発されたフリーソフトウェアです。milter managerはRubyインタプリタを内蔵することにより、milterの自動検出や、柔軟なmilter適用規則を実現しています。またログ出力機能やWebの設定UIを有するなど管理コスト低減のための機能が備わっています。展示ブースでは、パネル展示と開発者による解説を行いますので、是非お立ち寄りください。
中小ITベンチャー支援事業
10 株式会社情報基盤開発 手書き帳票の自動入力・集計システム:アルトペーパー
概要
アンケートや申込書など、あらゆる紙帳票の入力・集計の時間とコストを10分の1に!
■セルフサービスコース■
Word で帳票作成、お手持ちのスキャナでかんたんに自動入力できるようになりました。ソフトや機器の購入の必要はなく、初期費用も無料です。
■入力代行コース■
全工程をアウトソーシングしたいお客様向け。これまでの人手による入力代行ではありえなかった、格安・迅速サービスを実現した楽々コース。
中小企業経営革新ベンチャー支援事業
11 株式会社手嶋屋 社内コミュニケーションを革新する「OpenPNE Office」
概要
「OpenPNE Office」とは、現在、3万組織が利用する手嶋屋開発のSNSエンジン「OpenPNE」に、グループウェアを搭載した社内SNSパッケージです。スケジュールや施設予約、ファイルアップなど企業に必要な機能が充実。SaaS方式での提供によりインストールの必要もなく、リアルタイムバックアップ、SSL、各種セキュリティにも対応しています。500人程度までの中小企業での利用に適しており、月額4,179円、初期費用15,000円(20人の場合)の低価格を実現。各支店や自宅、外出先でも携帯からアクセスが可能。あたかも同じ場所で働いているような感覚で社員どうしののコミュニケーションを図ることができます。また、情報の一元化、社員の行動把握など従来のグループウエアではカバーできなかった課題を解決します。
 
12 株式会社ディバータ SaaS提供の次世代型CMSの「RCMS」を利用したサイト運営戦略
概要
サイト運営に関わる様々な問題点や課題、今後の流れなどを解説しながら、なぜ、今、SaaSなのか?
SaaS提供のCMSの何が優れているのかをご説明いたします。
最強のCMS「RCMS」を是非、ご覧ください。

 ページトップへ

未踏開発者展示一覧

 これまでの未踏事業の開発者による開発成果物の展示ブースです。

ブース
番号
出展者名 出展テーマ
未踏IT人材発掘・育成事業(未踏ソフトウェア創造事業)
e-1 島田 道雄 確率的な探索アルゴリズムによるViterbi 復号器の高速化
概要
ディジタル通信や音声認識で広く使われている Viterbi の探索アルゴリズムは、確率的な手法を取り入れることで、パフォーマンスを改善できます。例えば、確率的な手法を取り入れた Viterbi 復号器を、汎用CPU のSIMD で実装すると、従来のものと比べて、処理速度が約2倍になります。開発された Viterbi 復号器は、FPGA用の IPコアとして好評発売中です。
 
e-2 邑中 雅樹 組込みシステム向け統合開発環境PizzaFactory3
概要
組込みシステムの開発を支援する統合開発環境です.オープンソースソフトウェアを活用することで,優れたコストパフォーマンスを実現しています.
 
e-3 仙石 浩明 次世代情報漏洩防止ソリューション「イージスガード」
概要
従来型のウイルス対策ソフトでは、近年のウイルス、マルウェアの爆発的増加や標的方攻撃による情報流出を防ぐことが困難な状況となりつつあります。
ホワイトリスト型の次世代情報漏洩ソリューション『イージスガード』は、各プロセスからのファイル、フォルダへのアクセス要求をカーネル空間下で常時監視し、「見えない化」が進行する情報流出リスクからWindows PC上のデータを守ります。フォルダ単位、ファイル拡張子単位での保護設定機能に加え、電子署名検証機能、DEP連携機能など複数の手法を統合することで、重要データの流出を未然に防ぎます。
 
e-4 梅村 恭司 純国産エンタープライズサーチ QuickSolution
概要
検索では、検索対象中のどこをキーワードと考えるかは重要で、これが検索結果の質を左右します。検索対象毎にキーワードは変化するので、通常は応用分野ごとにキーワードの登録作業が必要ですが、これはコストがかかり、かつ難しい作業です。本開発では、辞書を使用しないで統計処理だけを用いて、文書からキーワードを抽出する方法を開発しました。手法として、文字列の頻度に加えて、出現集中を示す統計量を使うことを特徴とします。開発成果は住友電工情報システムの純国産エンタープライズサーチQuickSolutionとして製品化されています。開発したキーワード抽出機能をQuickSolutionの検索ユーザインタフェースに組み込むことにより、データ自身が検索をガイドします。
 
e-5 大本 敏雅 組み込み用トランザクショナルファイルシステムNAFS
概要
NAFSはオンボード不揮発性メモリを利用したトランザクショナルファイルシステムであり、情報端末を個人用即時決済端末にし、ネット商取引の限度額を10倍以上に拡大するための要素技術です。
NAFSはOASIS標準WS-Transaction Version1.1(以下WS-TX1.1)のWS-AtomicTransaction(以下WS-AT)のParticipant(以下、参加者)として動作するTMとRMを統合しています。TMはX/Open用語であり、WS-AT用語ではCoordinator(以下、調整者)と呼ばれます。
NAFSの新規性は社外接続用のTM機能であり、WS-ATでの参加者専用の調整者機能です。これによって、はじめて端末が別会社の複数サーバと匿名性のある商業分散トランザクションを実現し、個人用即時決済端末になります。
 
e-6 小林 憲次 kVerifier:テスト・ライブラリと sf:計算ソフト
概要
kVerifier と名付けたテスト専用ライブラリと sf と名付けた計算ソフトを展示します。
現在 C/C++/python 向けのテスト・ライブラリができています。kVerifierではテストがソース・コードから独立しており、複数のプログラム・コードから共用できます。ですから python でモデル開発・仕様検討を行うと同時にデバッグまで済ませておけば C/C++ での商品実装でのデバッグを省略できます。kVerifeir のテストは組み込みにも使えるのが自慢です。計算ソフト python sf は、この kVerifier テストの適用例なのですが、数学ソフトとしても十二分に実用的です。「数学ソフトの L.L にできた」「Mathematica/Matlab を超えた」と自負しています。Python sf が本物か、誇大妄想か御自分の目で確認ください。
 
e-7 岡野原 大輔
西川 徹
桜庭 俊
吉田 悠一
太田 一樹
この先生きのこる次世代検索エンジン Sedue
概要
すべてのインターネットサービスにおいて、検索機能は必須のものとみなされるようになりました。その一方で、有効な検索機能を実現するためには、データ量の増大、検索性能と検索精度の両立、運用コストの削減などの課題を解決しなければなりません。検索エンジンSedueの最新バージョンでは、最新のデバイスに対する最適化された全文検索インデックスの採用、文書に対して様々な検索手法を適用することのできる柔軟なアーキテクチャなど、高品質な検索システムをすばやく構築するために重要な機能を実現しています。Sedueは、世界で最も広く使われる情報検索エンジンを目指します。Sedueの内部の設計思想・インデックスエンジンなど、検索エンジニアにとって魅力的な情報を展示します。
 
e-8 美馬 秀樹 情報検索支援技術の企業への応用: 「見える」文書管理とセキュリティ管理
概要
情報検索技術は、単なる文書の検索とリスト表示だけでなく、文書間の文脈上の関連性や類似度を計算して検索結果を可視化表示する「Context Discovery」の時代に入ってきました。Stallionは、そうしたニーズに応えることができる次世代型パイパーサーチエンジンです。「Stallion for MPKは」同エンジンを実装し大量メールデータの分析に特化したソリューションです。企業には膨大な量のメールが蓄積されています。それをビジネス戦略などに活用するには、メール相互間の内容的な関連性など、いわゆる「Context Discovery」的な分析作業が不可欠です。このような高度な情報検索と分析用ツールとして「Stallion for MPK」は最適です。
 
e-9 内藤 竜治 JTAGってどう使う!?MITOUJTAGによる常識破りの組み込みデバッグ方法
概要
MITOUJTAGは、ソースコードを書かずにFPGAや組み込みCPUなどのLSIを動かすことができ、また動作をパソコンの画面上に可視化することができるソフトウェアです。FPGAの論理合成や、CPU上で動くプログラムをコンパイルすることなしに、パソコンからLSIの端子だけを遠隔操作します。LSIの動作をC++の簡単なスクリプトで記述でき、実際の動作に反映されるまで5秒とかかりません。各社のFPGAやCPLDはもちろん、CPUやASICなどJTAGバウンダリスキャンに対応したあらゆるデバイスでご利用いただけます。迅速なプロトタイピングや、各種周辺機能ICとの通信シーケンスの調査、基板上のメモリへの初期値書き込みや、実装検査などにご利用いただけます。
 
e-10 新谷 虎松 Wisdom Web Publisher: 次世代Webコンテンツ閲覧環境とその応用
概要
Web Paper技術を利用した次世代のWebページ閲覧/管理技術とその応用事例を展示します。具体的には、既存のWebブラウザで利用可能なWisdom Web Publisherシステムを実機を用いてデモします。ここでは、既存のWebコンテンツの表示の効果的な高速化機能、既存のWebコンテンツの一部を画像化(リンク情報を保持)する機能、オフィス形式のファイルを簡単にWebページに貼り付けて閲覧できる機能、閲覧中のWebページをリアルタイムに編集して効果的な印刷を可能する機能、などを展示します。また、本展示では、PC以外に、モバイル端末を代表するiPhoneの実機を用いて、本システムを利用した効果的なWebブラウジングのデモも行います。
 
e-11 新妻 弘崇 柔軟に拡張できる高速画像認識方法
概要
高速な画像認識方法を柔軟に拡張する方法を提案します。
顔認識などに使われる画像特徴ハール特徴をベイジアンベットワークという仕組みを使って柔軟に組み合わせる方法のデモを行います。
デモのプログラムは以下からダウンロードできます。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~niitsuma/mito2006_2/demoProg.lzh
デモプログラムの内容の詳細は以下に記述してあります。
H.Niitsuma: ”Bayesian Network based Reparameterization of Haar-like feature”, AAAI(abstract and poster)(2006)
 
e-12 光藤 雄一 RealEyeCommunicator: 視野を利用したポインティングデバイス
概要
未踏では珍しい、ハードウェアの研究です。赤外線による光空間通信器をベースに開発されたポイント式の音声配信デバイスです。従来のシステムでは、タグの発する光信号が届く範囲内で音声サービスを受けていました。それに対して本研究では、赤外線信号を発するタグをユーザが指差すことで音声を拾ってくることが出来るデバイスです。タグの空間解像度はちょっとしたポインティングデバイス並みに精密で、視角にして約2°程度に設置されたタグを識別することも可能です。この解像度は、2次元タグよりもより精密で、また、大量のデータを送ることが可能です。
このシステムは、ユーザの眼球を含めたシステム構成が可能です。このとき、ユーザは自らの視野をもとにポインティングを行わなければなりません。
 
e-13 千田 範夫 Winmostar:分子計算支援システム
概要
Winmostarは、分子のモデリングから分子軌道計算、計算結果の表示までをWindows上で実現するソフトウェアです。初心者から専門の研究者まで使える定番ソフト!
 
e-14 下平 和久 CGアニメーション向け分類技術再考
概要
CGアニメーションのなかでも特に複雑なキャラクターアニメーション関連の技術を、3つのツリー構造を中心に再整理する方法を提言します。この方法は各要素に意味を付け加えてハンドリングの助けとするため、セマンティックWebに代表されるオントロジーの一種と見なすこともできます。
 
e-15 清水 亮 ワークフロー指向の次世代文章アプリケーションプラットフォーム
概要
ZEKE OSはWeb2.0の次の世代にターゲットした、ユビキタスアプリケーションの実装技術です。
コンピュータがオフィスに導入されてから長い間、人はファイルとディレクトリによって全ての情報を管理してきました。しかし、現在はひとつのコンピュータが扱う情報量は飛躍的に増大し、もはや旧来の管理方法では充分な情報の活用ができなくなってきています。我々は情報の管理構造そのものに注目し、ユビキタスアプリケーションを開発するための情報基盤として、ユビキタスアプリケーションプラットフォーム"ZEKE"を開発しました。ZEKEによってモバイル、PC、カーナビなどのユビキタスコ ンテンツ開発が飛躍的に向上します。
 
e-16 西本 卓也 ラジオ放送支援システム「オラビー」の開発
概要
私たちは、小規模な放送局が音声投稿番組を効率的に制作できるラジオ放送支援システム「オラビー」を開発してきました。地域に密着したコミュニティ放送局や個人によるインターネットラジオの生放送における利用が期待されます。
これは例えば、FMラジオで番組を聴き、携帯電話からメッセージを投稿する、というリスナーの参加を支える番組制作者のためのシステムです。実際にラジオ放送の現場で運用・改良をおこない、生放送における投稿ファイル編集のためのユーザインタフェースに特化しました。
今回、このシステムの開発をオープンソースプロジェクトに移行することになりました。無償で利用できる放送支援システムは、重要な社会・生活のインフラに発展していくと考えています。
 
e-17 西野 順二 このへんファジィ(R)で賢くいこう
概要
人間が行っているあいまいでざっくりした情報処理や判断を加えると、便利なコンピュータがもっと賢くやわらかくなります。多次元ファジィ推論システム「このへんファジィ(R)」はあいまいな判断の実装を手軽にサポートします。
ロボット制御や検索処理など多方面であいまいさを利用する例をご紹介します。
 
e-18 相部 範之 フリーハードウェア実現のためのプラットフォーム
概要
個々のユーザの要望に応じて、その場で最適なFPGAボードを提供することを可能にした、カスタム・モジュール・ボードを紹介します。現在、ユーザは市販の汎用ボードを利用するか、1から自分で開発するかの2つの選択肢しかありませんが、今回紹介するシステムは、丁度その中間に当たるカスタムボードです。
また、FPGAボードは、基本的なIPコアと、ユーザに合わせたサンプルコードも提供するため、これまでになく簡単に組み込みシステムを構築できます。提供するIPコアは、基本的に修正版BSDライセンスを基にしたライセンスを適用しており、無償で利用できます。
販売形態は個々のユーザの要望を直接反映するため、店頭での販売を検討しており、現在、筑波大学の近隣に店舗を構築中です。
 
e-19 田村 修 軽量コンパイラ内蔵のスクリプト制御プロセッサ
概要
高水準言語によるプログラム記述を効率よく解釈し実行するCPUアーキテクチャを開発し、言語コンパイラも含めてFPGAに実装した。
スクリプト制御プロセッサとして産業用組込み機器への応用を目指す。
PostScript似のプログラムを概ね1対1の同順で機械語命令に変換しておき、特殊構造のスタックマシン上で実行する。アドレスを伴う条件分岐命令を持たず、if, ifelse, do, for, while, switch-case, などを機械語命令として備える。
コンパイラは、構文解析を要さない、辞書管理を中心とした軽量なもので、自身もスタックマシン上で実行される。
本アーキテクチャにより、複数のCPUからなるシステムをスクリプト配信のみで再構成することができる。
 
e-20 川崎 洋 3Dファクスの開発
概要
市販のプロジェクタとカメラとPCのみで気軽に3次元スキャンを実現します。
スキャンしたデータは、そのままWeb3Dコンテンツとしてアップロードできます。
 
e-21 野村 直之 5W1Hメタデータ自動抽出ソフトMextractrによるマッシュアップと、社内セキュリティ
概要
Mextractrは、日本語文章から5W1H(いつ、どこ、誰、何、どう、いくら etc)を自動抽出して様々に活用し価値を引き出すソフトウェア。今回、【10秒でスジェジュール登録】の"Mextクリッパー"と、プレーンテキストをマッシュアップできる製品"Mextractr for Mashup"の【日本語のWebAPI化】パワー、そして、社内SNS製品MextPNEによる【情報共有と個人情報保護の両立】ソリューションをご紹介します。
 
e-22 青木 崇行 センサ・アクチュエータネットワーク制御ソフトウェアの開発
概要
2006年度下期未踏ソフトウェア創造事業として、「センサ・アクチュエータネットワーク制御ソフトウェアの開発」を行いました。本ソフトウェアは、各種センサとアクチュエータを協調的に利用するアプリケーションの実現において、それら複数デバイス間の情報のやり取りをサポートしています。今年度の展示では、本ソフトウェアを用いた具体的なアプリケーション例として、農業用センサアクチュエータネットワークシステムやデータセンター用センサアクチュエータシステムの検討をご紹介いたします。実空間の情報を取得・処理し、そしてその結果を実空間にフィードバックするセンサアクチュエータネットワークの実例をご紹介することで、近未来のユビキタスコンピューティング環境を提示できれば幸いです。
 
e-23 佐野 岳人 Mobile Web Platform ″Colors″
概要
モバイルウェブをより心地よく、見やすく、そして知的なものに革新するためのプラットフォーム″Colors″についてご紹介させて頂きます。
 
e-24 中城 哲也 二次元イラストの表現力に3D的な動きを与える映像技術『Live2D』
概要
Live2Dは、マンガやアニメのキャラクターを原作に忠実に動かせる技術です。
3Dだと違和感のあるアニメ風表現や、目パチ、口パクだけで諦めていた演出などに、「二次元を拡張する方式による本格的な映像表現」を提供します。 また、習得には立体造形のセンスを必要としないため、3Dに比べると幅広く数多くのクリエイターに本格的な映像制作を提供できる技術です。尚、2009年1月より本格的な事業化に向けて活動を開始し、現在、Web・携帯・アニメ・ゲームなどの事業会社との商談、資金調達の準備をしております。ご興味のある方からのご連絡をお待ちしております。
 
e-25 高木 基成 インスピレーションウェア
概要
PCやモバイルデバイスを利用する際、より便利に使うためのソフトウェアを提案しています。作業内容を分析するシステム、PCサイトをモバイル用に切り取るサービス、メールを送受信するアプリケーションを簡単に開発できるフレームワーク等を展示しています。
 
e-26 角 康之 写真と書き込みの共有によるコミュニケーション支援システム
概要
撮影した写真とその上への書き込みを瞬時に他のユーザと共有することによるコミュニケーション支援システムPhotoChatを紹介します。写真と書き込みが無線経由で共有されるため、ユーザは直感的にチャットや協調的な体験記録を行うことができます。また、周辺的な機能として、音声メモ、写真間のハイパーリンク、記録データのブログ化、ユーザ間の会話場発見といった機能も開発しています。
PhotoChatは、現在はカメラとペンタブレット機能が搭載された携帯パソコンの上で動作させています。将来的にはSmart Phone、デジタルカメラ、携帯ゲーム機等で動作することが理想なので、ご興味のあるパートナーを探しています。
詳細は"PhotoChat"でWeb検索してください!
 
e-27 田中 泰生 それは無理だよ!オオスガさん2 隣の電脳アリスちゃん、桜子ちゃん。(仮)
概要
自称天才ファンタジスタ 田中 泰生がIPAX時点で最も情熱をもって取り組んでいるテーマについて発表します。
 
e-28 三並 慶佐 dangoフレームワーク及びdango-PLAY
概要
Flashを使ったオンラインゲーム開発用フレームワーク「dangoフレームワーク」とそれを使ったゲームの公開用サイト「dango-PLAY」について。
容易にFlashを使ったオンラインゲームを作れるオープンソースソフトの「dangoフレームワーク」。
そのフレームワークを使ったゲームを容易にアップロードでき、Facebookアプリやmixiアプリとしても配信可能な、dango-PLAYプラットホーム。
これらの技術的な特徴と、これらを使った際のビジネス的なメリットについての説明をさせていただきます。
 
e-29 久保 裕也 「調査2.0」の世界を拓く:Shared Questionnaire System2.0
概要
究極のマークシート処理ソフト、"SQS2.0"の開発を梃子として、オープンソース的発想による「調査2.0」コミュニティを実現するプロジェクトです。現在までに、SourceEditor2.0(アンケートを設計し、Webフォームやマーク回答式調査票のPDF原稿の形式で出力するもの)と、MarkReader2.0(マーク回答式調査票のスキャン画像をP2Pグリッドで分散並列的に読み取り集計し、AJAXインターフェイスでExcelやCSVを出力するもの)という2種類のアプリケーションをオープンソース・ソフトウェアとして開発し、JavaWebStartでの導入・実行を可能としています。すでに全国各地の学校や非営利組織、企業などでの利用も広がっています。
 
e-30 小林 茂 プロトタイピングのためのツールキットFunnel
概要
Funnelは、スケッチからプロトタイプまでのデザインプロセスにおけるプロトタイピングを効率よく行うためのオープンソースのソフトとハードから構成されるツールキットです。
ソフトウェアは、ActionScript 3、Processing、Rubyを拡張するフレームワークで、入出力をシンプルに扱えるようにします。ハードウェアは、ツールキットの一部として開発したFIOの他、Gainer I/OやArduino、ZigBeeによるセンサネットワークにも対応しています。
最新のリリースをデモ展示する他、現在開発中の教育メソッドについてもプロトタイプを展示します。これは、プログラミング入門にフィジカルコンピューティングを取り入れることにより、実世界の現象に関連付けながらインタラクションを実装していく、というものです。
 
e-31 吉本 敏洋 グーグル八分発見システム
概要
グーグルなどの検索エンジンは、公正中立な検索結果を表示していると考えられています。しかし、実際には恣意的な情報操作や検閲が日常的に行われ、利用者は知らないうちに歪められた結果を受け取っています。政治家や悪徳企業、カルト宗教団体などが、批判など「不都合な真実」を検索できないようにするよう要請し、グーグルはそれに協力しているからです。展示では、意思決定に必要な情報が汚染されている恐怖を紹介するとともに、"分散コンピューティング技術" によって検索エンジンを「監視」するシステムのデモを行います。
 
e-32 平山 直紀 MS-CAPIやPKCS#11が利用できるICカード。
概要
myuCardは、業界標準のMS-CAPI、PKCS#11が使えるICカードです。myuCardは、ICカードエミュレータmyuTokenで利用でき、ICカードエミュレータと同じ操作で使うことができること特徴です。myuTokenは、フリーウェアで http://www.icanal.co.jp/myutoken/index.html からダウンロードできます。
MS-CAPIでのアクセスは2通り、MicrosoftがICカード用に標準化したCSPを使う方法と独自CSPを使う方法があります。MicrosoftのCSPでは、Microsoft OfficeなどのMicrosoft製品で利用する場合に向いています。独自CSPではRSA-OAEPやRSA-PSSなどの進んだRSA暗号を利用する場合に向いています。myuCardは、2つのCSPから同時に利用することができるため非常に便利です。
 
e-33 斎藤 幸士 Web閲覧履歴を活用したサービス、eLABEL(えらべる)とkLABEL(くらべる)
概要
自分が残したログを自由に活用する。それが、eLABELの基本コンセプトです。eLABELはWEBブラウザの拡張機能です。閲覧したWEBページを解析してページに関する詳細な情報と、ページ上におけるユーザーのアクティビティを蓄積します。蓄積した情報は利用者自身にサービスとして提供されるようになります。
kLABELは、eLABELを利用したサービスの一つで、eLABELが蓄積した情報をグラフで可視化し自分が普段どのようにWebを利用しているかを提示してくれます。
 
e-34 青木 貴司 バーチャルタイムマシン
概要
本提案プロジェクトは、写真画像を入力として、自由に時空間内を移動可能とするシステム「バーチャルタイムマシン」の開発を行った。3次元再構成技術を応用することにより、写真画像から任意視点画像の生成を行う。さらに撮影時刻の大きくことなる画像間を接続することによって、任意視点画像内で時間軸上の移動を可能とする。写真画像中の「空間的広がり」と「時間的繋がり」を表現することによって、ユーザにあたかも記憶の中を自由に飛び回るかのような体験を提示する。
 
e-35 玉城 絵美 直感的な操作のための3次元ジェスチャ認識ライブラリの開発
概要
2008年度上半期の未踏本体で開発した"3次元ハンドジェスチャ認識ライブラリ"を使用した研究例を展示します.その中の一つのインタラクションデバイスBrainyHandは,4.5x7.0x2.5mm内にハンドジェスチャ入力装置であるカメラとプロジェクタとイヤホンが内蔵されており,超小型の次世代ユーザーインタフェースとして期待されるデバイスです.
 
e-36 内田 和隆 室内3次元モデリングシステムとAPIの開発
概要
【実世界を3次元のままサイバー空間に取り込める画期的なシステムです】
本プロジェクトでは、実在する室内空間を3次元モデル化し、生成した室内モデルをWebブラウザ上で容易に扱えるようにするAPIを開発しました。本システムは以下の3つのモジュールから構成されています。
1) 3次元空間計測部
  独自開発したセンサ装置を用いて、実際の室内空間を計測し、物理データを取得します。
2) 3次元モデル構築部
  計測したデータに基づき、室内3次元モデルを生成します。
3) API
  生成した3次元モデルを利用したアプリケーションをWebブラウザ上で構築するためのAPIを提供します。
APIを利用したアプリケーション、生成した3次元モデルを立体映像で見るデモなどを展示しております!
 
e-37 青木 俊介 ウェアラブル目玉ロボットを用いたリアル空間アドベンチャーゲームシステム 「ミルコ」
概要
ディスプレイの前から離れ、パートナーとなる目玉ロボットをつれて、リアル空間の探検にでかけよう!
  • パートナーとなる目玉ロボットを身に着けてあそぶゲームです。目玉ロボットは私たちが見ることができない世界の案内役です。
  • ミルコによって身の回りのリアルな空間がゲームになり、その中を自分で歩き回ってあそびます。
  • 今回は一つのアプリケーションとしてバーチャル鬼ごっこをお楽しみいただけます。
  • ロボットベンチャー「ユカイ工学」にて事業化を予定しています。
 
e-38 北山 朝也 リビングにネットコンテンツを届けるDLNA サーバソフトウェア「coRockets」の開発
概要
coRocketsはWindows PC上で動作するDLNAサーバ機能を備えた、マルチメディアコンテンツを インターネットから自動的に収集するソフトウェアです。coRocketsは直感的に操作可能なGUIを備え、収集するネットコンテンツの種類はcoRockets.comが配布するアドオンをインストールすることで増やすことが可能です。アドオンによってカスタマイズされたcoRocketsが個人のニーズに沿ったコンテンツをDLNAサーバとしてリビングに配信することで、リビングにネットコンテンツを届けるネットと家電の融合を果たすソフトウェアとなります。
 
e-39 角田 哲也 Augmented Earth:拡張現実感によるバーチャル地球とリアル地球の融合
概要
Google Earthなどのインターネット上の仮想地球儀サービスから3次元都市モデルを抽出し,拡張現実感(AR)技術を用いて現実世界の都市景観に合成表示する.GPS・3次元センサなどを用いてカメラの位置・姿勢を推定することで,実世界とCGモデルの幾何学的位置合わせを行う.また実光源環境に対応したモデルの陰影表現を行うことで光学的整合性を実現し,合成画像の現実感を向上させる.本システムを通してインターネット上の消費者生成3次元モデルを利用することで,遺跡の復元,過去の町並みの再現,建築・都市開発のシミュレーション,広告・販売促進などを目的としたARサービスを簡単に実現できるようにする.
 
e-40 長井 啓友 パターンマッチング向けデータベースシステムの開発
概要
数値ベクトルデータに特化したデータベースシステム(試作版)を紹介します.独自の多次元インデックス構造により,高速・高精度検索を実現!テキスト文章,画像,音声,音楽,動画等のマルチメディアコンテンツだけではなく,気象データや株価の類似データ検索にも利用できます.今回の展示会では,画像から抽出した色情報をベースに,類似画像検索デモを行う予定です.
 
e-41 大澤 博隆 擬人化を用いた機器からの情報提示
概要
家電等に取り付け、対象を擬人化したロボットにする、ディスプレイロボットと呼ばれるツールを展示します。この手法では、目や手などの特徴だけを、好きなときに取り付けたり取り外したりしてロボットを作り出すため、通常のロボットに比べ、設置コストが低く、場所を取りません。それでいて、ジェスチャ・実世界指示・感情の発露を用いたユーザへの機能提示が可能です。
また、普通のロボットやCGキャラクターと異なり、擬人化によって自分自身を説明する『自己紹介型の』機能提示が可能となります。実験結果より、単純に他者が説明する場合に比べ、ユーザに提示した情報の記憶率が上がることが分かりました。また、特に10代以下の子供、50代以上の高齢者に対し、機能提示の効果が上がると考えられます。
 
e-42 大澤 昇平 oneclip ーコミュニティサービスを利用した新感覚ブックマークー
概要
気になるウェブページを見て、「ああ、これみんなに紹介したいなあ」と感じたことはございませんか ? oneclip では、ワンクリックでページを Twitter に投稿し、ご友人同士の気軽なコミュニケーションを演出いたします。対応サービスは、今後も随時広げていく予定です。
 
e-43 川島 和澄 他の人に自分のスケジュールを書いてもらう機構
概要
開始時刻・終了時刻などを含むスケジュール情報の中でも、今まで注目を浴びてこなかった「公開されることを前提とするスケジュール情報」に焦点を当て、これらの情報を簡単かつ柔軟に流通させるための機構を提案いたしました。
 
e-44 加藤 史洋 インタラクティブ料理シミュレータ
概要
調理支援を目的にした、インタラクティブな料理のシミュレータです。シミュレータを用いて食材の動きや熱の伝わり、色の変化を表現します。食べ物が焼けていく様子をお楽しみください。
 
e-45 山本 圭太 次世代イーラニングシステム 携帯スタディ王国
概要
英文法のメールマガジンから始まったみんなの問題集!!がコンセプト。
携帯で繋がる WEB2.0型問題集作成システムです。
特許審査請求中の独自の投票システム、未踏で開発した、独自の問題選別出題システムを用いて効率よい学習も実現!!利用は一切無料。コミュニケーション機能やブログなどSNS的な機能も合わせて、日本最大の学習コミュニティを作ります。
プロジェクト理念:『ネットワークを通じて、人の知性と良心に貢献する』を掲げました。
学習コミュニティーをさらに拡大して、社会に良いインパクトを与えるシステムを目指します。ビジネスパートナーも大募集中です。
是非お立ち寄りください。
 
e-46 梅谷 信行 インタラクティブUIを備えた統合型設計解析ソフトウェアの開発
概要
設計(形状モデリング)と解析(数値シミュレーション)をリアルタイムでインタラクティブに統合して,シミューレーションからのフォードバックを用いて良い設計を模索できるできるような環境について紹介する
 
e-47 水谷 后宏 Programmable Overlay Network
概要
Overlay Networkを用いた分散アプリケーションの開発支援,およびカスタマイズを容易にするミドルウェアです.本ミドルウェアでは制御可能なOverlay Networkを構築することができます.具体的には,Overlay Network全体の構造(トポロジー,ルーティングアルゴリズム)をアプリケーションの動作を止めずに変更でき,新たに発見された高速なアルゴリズムなどを容易に分散環境上に適用する事が可能となる他,Overlay Networkの動作の可視化や検証が可能となっております.
 
e-48 小菅 祐史 Webアプリケーション・セキュリティの自動検証フレームワーク: Amberate
概要
Webアプリケーションを狙った攻撃が多く発生しています。さらにWeb技術の発展に伴い、攻撃手法は巧妙化しています。そこで、近年の巧妙な攻撃に対応したWebアプリケーションの脆弱性を自動検出するフレームワークAmberateを開発しました。AmberateはそれぞれのWebアプリケーションに適した攻撃を自動生成し、攻撃テストを行います。また、Amberateに組み込み可能な脆弱性検出用プラグインの開発も行いました。今回対象としたのは、SQLインジェクション攻撃、クロスサイト・スクリプティング、JavaScript Hijackingの3つの攻撃です。評価実験では、既存ツールでは検出できなかった脆弱性を効率的かつ正確に検出できることを示しました。
 
e-49 秋山 博紀 描くソフトウェア開発による描けるドローソフト生成環境の開発
概要
本プロジェクトでは、現実のお絵描き環境をシミュレーションしたソフトウェアを「描けるドローソフト」と定義し、「描けるドローソフト」を製作する開発環境を開発しました。
「描けるドローソフト」の種類を増やすことでCGに対する敷居を下げ、描いた結果のみならず描く行為に意味のあるお絵描き環境を容易に創造できるよう支援します。
 
e-50 松田 聖大 Fontaine: Web文字画像化と行内レイアウトシステムの開発
概要
Fontaineは、Webページの文字を自動的に文字画像へ置き換えるシステムです。置き換えた文字画像は、通常の文字と滑らかに繋がるレイアウトのみならず、コピー・ペーストや文字サイズ変更、文書内検索も行うことができます。また、CSSを拡張したことにより、HTMLに手を加えず手軽にWebページにフォントを埋め込み、これまでにないタイプセットを使うことができます。
 
e-51 加藤 誠 混合検索システムRhythMiXearch
概要
混合検索RhythMiXearchは「足して2で割ったようなミュージシャン」を検索するシステムです。 「Mr.Children」や「宇多田ヒカル」などのミュージシャン名, 「風鈴」や「富士山」などの音楽とは全く関係のないような名前を入力して検索すると,Amazonや一般的なWebページ,Wikipediaなどからの情報を利用して,足して2で割ったようなミュージシャンを出力します.
 
e-52 高橋 賢治 GPUを用いた手振れ振動補正・モーションブラー除去ソフトウェアの開発
概要
撮影した動画が手ぶれしていた場合,折角の思い出が台無しです.
そこで本ソフトウェアでは,動画情報のみから動画ブレと静止画ブレの両面から手ぶれ補正を行います.
この際,GPUによる並列演算を用いて高速な手ぶれ補正を実現します.
今までどうすることもできなかった動画の手ぶれやボケを事後処理することができます.
 
e-53 山本 岳洋 Rerank Everything: 柔軟な検索結果再ランキングインタフェース
概要
Rerank Everythingは様々なWebサービスの検索結果を自由に並び替えることを目的としたシステムです.GoogleやAmazon,ニコニコ動画,GoogleScholarなどなどあらゆるWebサービスの検索結果を自分の意図通りに並び替え,効率的にコンテンツを閲覧することを可能にします.

 ページトップへ