IPA Forum 2008

全体プログラム >> セッション詳細

オープンソフトウェアセッション1

10月28日(火) 明治記念館 会場:富士2(2F) 10:00-11:00
 特別講演
「Open Source and enterprise competitiveness: the end-user case」【同時通訳あり】
【講演者】
Cedric Thomas (CEO, OW2 Consortium)
Cedric Thomas 氏 Cedric Thomas, is OW2 CEO. An IT industry veteran with twenty-five years of experience in strategic marketing and consulting for IT vendors and systems integrators, Cedric has been instrumental in launching the OW2 Consortium. Previously, as both an investor and a consultant with FronTier Associates, the consulting company he founded in 1997, he actively took part in three IPOs, contributed to the launch of several technology start-ups, helped set up technology firms in Boston and San Francisco, and participated in the initialization of a start-up incubator in Paris. Before that, he was Vice-President and Associate Director of PAC, an independent European provider of consultancy and marketing studies for the IT industry. Cedric holds a Master’s degree in Computer Science from the University of Paris and studied for his PhD in Economics at the Sorbonne. He teaches business strategy in several engineering schools.
【概要】
Open source software is generally described as a new development model, a new business model or a new licensing model and the point of view of the end-user is rarely taken into consideration. In this talk we will look at open source exclusively from the point of view of the end-user, be it a bank, a manufacturing company or a government agency.
In the first part of the talk, we provide a framework to explain the relationship between open source and competitiveness and to answer the question: “Why choosing open source can make my company more competitive?” In the second part, we will draw from real-life end-user experience focusing on ten distinctive expected benefits to evaluate to which extend open source implementations meet their promise.

(敬称略)

← 戻る

オープンソフトウェアセッション2

10月28日(火) 明治記念館 会場:富士2(2F) 11:00-12:00
 特別講演 (IPA・The Linux Foundation共同企画)
「CME Group Migration from Proprietary UNIX to Linux on x86: A Case Study」
【同時通訳あり】
【講演者】
Vinod Kutty (CME (Chicago Mercantile Exchange) Group Associate Director, Head of Distributed Computing/Open Systems R&D)
Graduated University of Illinois at Chicago
【概要】
CME Group is the world's largest derivatives exchange, with approx 1,200 trillion US dollars worth of contracts traded in 2007. Parts of the CME Globex electronic trading platform were migrated to Linux from proprietary UNIX systems starting in 2003 and this helped improve performance and reliability, whilst reducing costs. Over the last few years, this trend has continued with newer versions of Linux. This talk will cover CME Group's migration, including motivation, benefits and challenges encountered with both Linux and x86 servers, as well as the future direction from the speaker's point of view.

(敬称略)

← 戻る

オープンソフトウェアセッション3

10月28日(火) 明治記念館 会場:富士2(2F) 13:00-15:30
 リレープレゼンテーション
「我々はなぜOSSを採用したのか〜果敢にチャレンジする理由と効果を探る」
【モデレータ】
岡田 良太郎 (IPA 非常勤研究員)
(1)「会津若松市の OpenOffice.org 導入事例〜導入に至る経過と取組みの状況について」
【講演者】
本島 靖 (会津若松市役所 総務部情報政策課 副主幹)
1984年4月 会津若松市役所に入庁。農政部農政課
1986年10月 企画財務部収納課
1991年4月 総務部総務課 (情報処理を担当)
2000年4月 総務部情報政策課
2005年4月より現職。 庁内情報化、情報処理業務のアウトソーシング等に取り組む。
【概要】
  • OpenOffice.org導入検討から実施までの経過
  • コストメリットの考え方
  • ODFに期待する効果
  • 取組みの現状と課題
  • OSS(オープンソースソフトウェア)の積極的な活用に向けて
(2)「IHI 原動機プラント事業部での SugerCRM の活用について」
【講演者】
鏑木 孝昭 (株式会社IHI 情報システム部 新事業推進グループ 部長)
1982年入社、1996年営業本部業務部課長、2004年情報システム部新事業推進グループ部長代理、2006年から現職。現在はITを使ったIHIグループ各BUの事業拡大に取り組んでいる。
1982年慶応義塾大学法学部卒
【概要】
IHIでは、それまでビジネスユニットごとにメンテナンス情報を、部門をまたいだ関係者間での情報共有によりサービスレベルを上げ、メンテナンス事業を伸長させるために、CRMパッケージである「Siebel CRM」を導入した。しかしながら、1つのプラットフォームでのCRM利活用は予想より進まなかったため、全社最適から個別最適へと方針を変更し、CRMパッケージもSugarCRMに変更した。個々のビジネスユニットの要望をすばやく吸い上げ、すばやくひな形を作るのに最適なCRMパッケージを探したところ、SugarCRMにたどりついたのである。
(3)「1,500万人のコミュニケーションインフラ「mixi」の開発とその運用」
   -情報システムを「小さく産んで大きく育てる」ためのOSS-
【講演者】
小山 浩之 (株式会社ミクシィ 技術顧問)
1997年から約10年にわたり、クレイフィッシュ、ヤフージャパン、シックス・アパート、ミクシィといった各業界をリードするネット系ベンチャー企業でエンジニアとして活動する。2004年にフリーランスプログラマとして独立し現在に至る。
ソーシャル・ネットワーキング サービス「mixi」においては黎明期であった2005年春からその開発に参画し、急上昇するシステム負荷に耐えうるシステムアーキテクチャの策定と実装に携わる。当時開発したミドルウェア群は会員数約1,500万人を超えた現在も「mixi」を支える重要な基盤として、規模と適用範囲を拡大しながら活用されている。
著作に「Apacheモジュールプログラミングガイド」(2003年 技術評論社)など。

(敬称略)

← 戻る

オープンソフトウェアセッション4

10月28日(火) 明治記念館 会場:富士2(2F) 15:40-17:30
 式典 15:40-16:10
「2008年度日本OSS貢献者賞」授賞式
【概要】
「日本OSS貢献者賞」は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造・運営した開発者や、グローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者、OSS普及に貢献した方を表彰するものです。本賞は2005年度に創設し、今年度が第4回目となります。
 講演 16:10-17:30
「OSS貢献者賞受賞者講演」
【概要】
「2008年度日本OSS貢献者賞」受賞者による講演を行います。

← 戻る

 ページトップへ