HOMEIPAについて新着情報IPAテクニカルウォッチ 『情報セキュリティに関する被害と個人属性』のレポート

本文を印刷する

IPAについて

IPAテクニカルウォッチ 『情報セキュリティに関する被害と個人属性』のレポート

~自信過剰な人は被害に遭いやすい傾向にあることが明らかに~


2012年9月13日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、一般のインターネット利用者が情報セキュリティ被害を防ぐために有効な対策を探るため、被害に遭った利用者がどのような属性を有しているのか明らかにするための分析を行い、傾向を取りまとめた技術レポート(IPA テクニカルウォッチ 第10回)を公開しました。

 現在、インターネットは家庭にも広く普及し、個人を対象とした様々なサービスが提供され、自宅からショッピングや金融取引が可能となるなど、利便性の向上に役立っています。一方、インターネット利用者を対象としたウイルスやフィッシングといった情報セキュリティ上の脅威が存在し、被害に遭ってしまう利用者も存在しています。

 これらの被害を防止するため、初心者であっても、インターネットを安心・安全に利用するための効率的な対策の普及が望まれています。

 IPAでは、インターネット利用者の脅威に対する認知度や対策の実施状況に関する調査である、「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」(*1)を2005年度から10回にわたり実施しています。本レポートでは、情報セキュリティ上の脅威による被害の低減に繋がる有効かつ効果的な対策を探ることを目的として、この調査データの分析を行い、被害に遭遇した個人の属性に着目し、被害経験の有無に影響を与える要因を明らかにしました。

 データ分析の結果、①メールの添付ファイルやウェブサイトでの安易なダウンロードに注意するといった意識的な対策を実施していること、②情報セキュリティに関する情報を収集・処理できること、の2つが情報セキュリティ被害を低減する要因であると示されました。また、自信過剰な人ほど、情報セキュリティ被害に遭いやすい傾向があることも判明しました。

 IPAでは、これらの分析結果が各組織におけるセキュリティ教育の参考になることを期待するとともに、IPAの情報セキュリティセミナーをはじめとする普及啓発活動で活用するといった取り組みを進めていきます。

脚注

(*1)「2010年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」
http://www.ipa.go.jp/security/fy22/reports/ishiki/index.html

レポートのダウンロード

テクニカルウォッチ概要のダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 小松/花村

Tel: 03-5978-7530 Fax: 03-5978-7518 E-mail: 電話番号:03-5978-7546までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/佐々木

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。