HOMEIPAについて新着情報プレス発表 ソフトウェアの最新バージョンを確認するツール「MyJVNバージョンチェッカ」を機能拡充

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 ソフトウェアの最新バージョンを確認するツール「MyJVNバージョンチェッカ」を機能拡充

~新たに“Google Chrome” “iTunes” “LibreOffice”の3製品にも対応し、合計15製品に~

2016年12月21日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)セキュリティセンターは、使用しているソフトウェアが最新の状態か否かを確認することができるツール「MyJVN バージョンチェッカ」を機能拡充し、新たに“Google Chrome” “iTunes” “LibreOffice”の3製品にも対応し、公開しました。

 URL:http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/index.html別ウィンドウで開く

 私たちのパソコンにはインターネット閲覧や、業務を効率的に処理するなどの目的で、様々なソフトウェアがインストールされています。利用者はこれらソフトウェアが意図しないコンピュータウイルスの感染等を未然に防ぐため、常に最新のバージョンにしておく必要があります。

 去る10月にはAdobe Flash Playerに深刻な脆弱性が発見されました。 開発元である米国Adobe Systems社は利用者にアップデートを呼びかけ、IPAも国民に向け、緊急対策を公表しました(*1)。このように使用しているソフトウェアには予期せず、突発的な脆弱性への対策が求められます。 利用者は速やかに対策する必要があり、修正パッチ適用のため、使用しているソフトウェアのバージョンを確認する必要があります。しかし、中には使用しているソフトウェアのバージョン情報を確認することに不慣れな利用者もおり、速やかな修正パッチ適用が看過されてしまうことも考えられます。

 IPAでは使用しているソフトウェアのバージョンを簡便に確認することができるツール「MyJVN バージョンチェッカ」(以後、バージョンチェッカ)を2009年11月から公開しています。バージョンチェッカでは広く普及し、攻撃に悪用される可能性の高いソフトウェアや、修正パッチのタイムリーな適用が必ずしも容易とは限らないオープンソースソフトウェアなどを対象にしています。 このバージョンチェッカに本日、新たに“Google Chrome” “iTunes” “LibreOffice”の3製品にも対応しました。これにより、バージョンチェッカで確認できる製品は合計で15製品となりました。

 IPAでは、より多くのパソコン利用者がバージョンチェッカを日常的に活用することで、ソフトウェアが安全な状態であるかを確認し、必要な修正パッチをタイムリーに適用することで、安全なパソコン環境が維持されることを期待しています。

脚注

(*1) 10月27日 緊急対策 Adobe Flash Player の脆弱性対策について
  URL:https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20161027-adobeflashplayer.html

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 竹村/工藤(伊)

Tel: 03-5978-7527 Fax: 03-5978-7552 E-mail: 電話番号:03-5978-7527までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 白石/山北

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。