HOMEIPAについて新着情報プレス発表 “情報処理安全確保支援士”と現行の情報セキュリティスペシャリスト試験の位置付けについて

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 “情報処理安全確保支援士”と現行の情報セキュリティスペシャリスト試験の位置付けについて

~情報セキュリティスペシャリスト試験の合格者は支援士への有資格者に~

2016年6月27日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、情報処理安全確保支援士制度が創設されることを踏まえ、情報処理安全確保支援士と現行の情報処理技術者試験「情報セキュリティスペシャリスト試験」の位置付け、試験実施予定などについて公表しました。

 経済産業省は2016年4月27日に、国家資格となる「情報処理安全確保支援士」制度を2016年度内に新たに創設するとともに、「情報処理安全確保支援士試験(以下、支援士試験)」を2017年度から実施することを公表しました(*1)

 同制度は情報セキュリティの専門的な知識・技能を有する専門人材を登録・公表するもので、支援士試験は、現在実施している国家試験「情報処理技術者試験」の「情報セキュリティスペシャリスト試験(以下、SC試験)」の内容をベースに実施されます。


 試験制度における両試験の位置付けは下図のとおりで、これまで情報処理技術者試験制度の枠組みの中で実施してきたSC試験は廃止され、支援士試験制度の中で実施するとされています。

試験制度における両試験の位置付け

(1)SC試験と支援士試験の実施予定
  ① 既存のSC試験は2016年10月(平成28年度秋期試験)の実施をもって終了し、支援士試験として2017年4月
    (平成29年度春期試験)から実施される予定です。
  ② 既存のSC試験と支援士試験のレベルは同等の位置付けです。
(2)支援士となる資格を有する者(予定)
  ① 過去の試験区分(情報セキュリティアドミニストレータ試験[SU]、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)
    試験[SV])の合格者
  ② SC試験合格者
  ③ 支援士試験を受験し合格した者

情報処理安全確保支援士制度の全体像

※「試験ワーキンググループ中間とりまとめ ~情報処理安全確保支援士制度~」 P5の「<情報処理安全確保支援士制度の全体像>」をベースに作成

なお、上記の資格を有する者以外にも、情報処理安全確保支援士として登録することが可能とされています。詳しくは脚注(*1)をご覧ください。

(3)制度の詳細
  支援士試験の受験手数料、登録手数料、更新に必要な講習などの詳細は、2016年10月末を目途に決定される予定です。

脚注

(*1) 試験ワーキンググループ中間とりまとめ ~情報処理安全確保支援士制度~
   http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shojo/johokeizai/shiken_wg/pdf/report_01_01_00.pdf別ウィンドウで開く

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

SC試験等に関して
IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター

Tel: 03-5978-7600 Fax: 03-5978-7610

情報処理安全確保支援士制度に関して
IT人材育成本部 HRDイニシアティブセンター

Tel: 03-5978-7544 Fax: 03-5978-7516

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 山北/一家

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。