HOMEIPAについて新着情報プレス発表 「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」応募者231人より参加者51人を決定

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」応募者231人より参加者51人を決定

~これまでで最多となる9人の修了生が、キャンプ講師を担当~

2016年6月14日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、若年層の情報セキュリティ人材の育成を目的とした「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」の参加者を決定しました。本日より選考通過者への通達を開始します。

 政府により2016年3月31日に決定された「サイバーセキュリティ人材育成総合強化方針」においては、突出した能力を有する人材の発掘・確保があげられています。その中で、「セキュリティ・キャンプ」については、若年層の情報セキュリティ人材の裾野を拡大し、世界に通用するトップクラスの人材創出するための機会として実施する旨、言及されています(*1)

 今年で13回目となる「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」の募集は4月26日から5月30日まで行われ、231人の応募がありました。選考の結果、51人の参加者(男性:48人、女性:3人)を決定しました。本年の最年少は15歳で、全体の6割強を大学生が占めており、参加者の平均年齢は19.18歳となりました。


 また、参加者の居住地域別は以下の表のとおりです。

参加者の所在地域別

 なお、講師の陣容は総勢40人で、うち9人のセキュリティ・キャンプ修了生を含み、これまでで最多、全体の約4分の1を占めるまでの存在になっています。

 開催期間は2016年8月9日(火)~13日(土)の4泊5日で、初日の特別講義には「ZENIGATAになりたくて」と題する、株式会社サイバーディフェンス研究所 情報分析部 上席分析官 福森大喜氏の講演を予定しています。“日本では決して報道されないサイバー犯罪の一面など”について言及される予定です。

脚注

(*1)http://www.nisc.go.jp/active/kihon/pdf/jinzai_kyoka_hoshin.pdf 別ウィンドウで開くP10(5)突出した能力を有した人材の発掘・確保

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成本部 イノベーション人材センター 保立/伊藤

Tel: 03-5978-7536 Fax: 03-5978-7516 E-mail: 電話番号:03-5978-7536までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 山北/白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。