HOMEIPAについて新着情報プレス発表 【注意喚起】ランサムウェア感染を狙った攻撃に注意

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 【注意喚起】ランサムウェア感染を狙った攻撃に注意

2016年4月13日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、3月から安心相談窓口に、“ランサムウェアに感染した”という相談が急増し、4月に入っても相談が相次いでいることから注意喚起を行います。

 IPAの安心相談窓口にランサムウェアに関する相談が1月に11件、2月に17件寄せられましたが3月には96件(*1)と急増しました。これら3ヶ月の相談件数のうち、被害があったという相談は全体の約88%を占めます。


図.ランサムウェアに関する相談の月別推移(2016年1月~3月)

 相談の多くは「受信したメールの添付ファイルを開いてしまったことでファイルが暗号化された」というものでした。また、4月以降も同様の相談が相次いで寄せられていること、4/6(水)にランサムウェア感染が目的と考えられる「ばらまき型メール」の相談と情報提供も寄せられたことから注意喚起を行います。

相談または情報提供のあったメール情報

メール件名

『あなたは、新しい請求書●●●●(数値)を持っています』


メール本文

『こんにちは!添付ファイルにあなたの配信アドレスを確認してください! 』


添付ファイル名称

『追跡番号_●●●●(数値).zip』


※上記以外に2件のメール情報が寄せられています。詳細は、注意喚起内の情報(下記URL)を参照ください。 https://www.ipa.go.jp/security/topics/alert280413.html#mail

対策

  • セキュリティソフトを導入し、定義ファイルを常に最新の状態に保ってください。
  • 心当たりのないメールに添付されたファイルは、開く前に添付ファイル(メール)の送信者に対して電話等で送信有無を確認してください。
  • 重要なファイルは定期的にバックアップを取得してください。
  • また、バックアップを取得する装置・媒体はバックアップ時のみパソコンと接続してください。
  • OSおよび利用ソフトウェアを最新の状態にしてください。

なお、万が一、ランサムウェアに感染してしまった場合、感染したパソコンは初期化してください。パソコンの初期化後、必要なファイルを事前に取得しているバックアップから復元してください。

脚注

(*1) 96件のうち23件はAndroid端末のランサムウェアに関する相談

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 渡辺(や)/野澤

Tel: 03-5978-7509 Fax: 03-5978-7518 E-mail: 電話番号:03-5978-7509までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 山北/白石/一家

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。