HOMEIPAについて新着情報プレス発表 サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP(*1))に自動車関連業界が新たに参加。正式運用を本日開始

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP(*1))に自動車関連業界が新たに参加。正式運用を本日開始

~2015年度 第3四半期(10月~12月)運用状況も公開~

2016年1月26日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田達夫)は、サイバー攻撃に対する情報共有の枠組みである「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIP)において、去る12月1日に新設した自動車業界SIG(*2)を、本日より正式に運用開始したこと、及び2015年度第3四半期(10月~12月)の運用状況を公表しました。

 IPAでは2011年10月に、国内の重要産業・重要インフラ関連組織間において標的型攻撃などのサイバー攻撃の情報共有を相互に行い、即応的かつ高度な対策に繋げる取り組みである「J-CSIP」を発足させました。2012年4月の運用開始から2015年度第3四半期までの活動で、合計2,172件の情報提供を参加組織から受け、その分析などの結果、629件の標的型攻撃メールなどの情報共有を参加組織に実施しています。
 また、去る2015年12月1日から、J-CSIPは自動車関連企業・団体の計10組織からなる「自動車業界SIG」を新設し、試験運用を行っていましたが、このたび、2016年1月26日より情報共有の正式運用を開始しました。このほか、第3四半期は化学業界SIGにも新たに1組織が参加し18組織となりました。これにより、J-CSIP全体では7つの業界(SIG)、72の参加組織(計11組織追加)の体制となりました(図1)。


図1:J-CSIPの運用体制図

 なお、2015年度 第3四半期(10月~12月)の運用状況についても本日あわせて公表しました。本四半期における情報共有などの実施件数は以下のとおりです。

情報共有などの件数

 2015年10月~12月に、J-CSIP参加組織からIPAに対し、標的型攻撃メールと思われる不審なメールなどの情報提供が行われた件数と、それらの情報をもとにIPAからJ-CSIP参加組織へ情報共有を実施した件数(6つのSIG、1組織追加による合計62参加組織での合算)は、表1のとおりです。

表 1 IPAへの情報提供およびIPAからの情報共有の実施状況
項番 項目 件数 (2015年
 7月~9月)
(2015年
 4月~6月)
(2015年
 1月~3月)
1 参加組織からIPAへの情報提供 723件※1 (88件) (104件) (109件)
2 IPAから参加組織への情報共有 34件※2 (33件) (27件) (38件)
  • ※1 本四半期における情報提供件数の急増要因は、昨年10月以降に流行した“ばらまき型メール”がJ-CSIP内においても大量に確認されたこと(466件)、および広告などのスパムメールなど無害なメールに関する情報提供(166件)が相次いだことです。これらを差し引くとその数は91件で、前四半期までと同程度の情報提供が継続している状況といえます。

  • ※2 同等の攻撃メールが複数情報提供された際に情報共有を1件に集約して配付することや、広く無差別にばら撒かれたウイルスメールと判断して情報共有対象としない場合などがあるため、情報提供件数と情報共有実施件数には差が生じます。また、IPAが独自に入手した情報で、J-CSIP参加組織へ情報共有を行ったもの12件を含みます。

 これら提供された情報のうち、標的型攻撃メールとみなしたものは19件でした。攻撃メールを検知されにくくする細工(添付圧縮ファイルの暗号化)の多用、新たな脆弱性の悪用、新種の遠隔操作ウイルスなど、攻撃手口を変化させながら、なお国内組織への執拗な標的型サイバー攻撃が継続しています。
 これに対抗するため、各組織において長期的・継続的に対応できる体制が求められます。また、組織間・業種間での横断的な対策として、IPAは今後もJ-CSIPへの参加業界の拡充を図るとともに、情報共有活動を通じ、国内重要産業における標的型サイバー攻撃に対する防御力の向上に資する活動を推進していきます。

 J-CSIPの運用状況の詳細、および統計情報は以下のURLをご覧ください。

脚注

(*1) Initiative for Cyber Security Information Sharing Partnership of Japan

(*2) SIG:Special Interest Group の略。J-CSIPでは、情報共有を目的に業界を軸にした組織をグループ化しており、SIGと呼んでいる。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 松坂/入澤

Tel: 03-5978-7527 Fax: 03-5978-7518 E-mail: 電話番号:03-5978-7527までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。