HOMEIPAについて新着情報プレス発表 コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年年間]

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年年間]

届出で最多だったのは昨年同様“インターネットバンキングのログイン情報を窃取する”不正プログラム

2015年1月26日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2014年年間のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出(*1)および相談の状況をまとめました。


1. コンピュータウイルス届出状況

 2014年の届出件数は2013年の6,596件から1,582件(24.0%)少ない5,014件でした。また、年間のウイルス検出数は2013年の195,550個から112,522個(57.5%)少ない83,028個でした。
 ウイルス別検出数では、自身の複製をメールの添付ファイルとして拡散する、いわゆるマスメール型ウイルスであるW32/Mydoom、W32/Netskyが多く検出されました。

2. 不正プログラム検出状況

 2014年の不正プログラム検出数は、380,625個と、2013年の233,341個から、147,284個(63.1%)の増加となりました。
 年間検出数の第1位は、インターネットバンキングのIDとパスワードを窃取するBancosで、検出数は65,942個でした。2013年は30,867個で、前年比較では倍増していますが、2014年5月以降は激減しました。

3. コンピュータ不正アクセス届出状況

 2014年の届出件数は合計120件(前年比約28%減)で、そのうち被害があった件数は102件(前年比約35%減)と全体の約85%を占めました。また、実際に被害があった届出(102件)のうち、原因の内訳はID・パスワード管理の不備が17件、古いバージョン使用・パッチ未導入が11件、設定不備が10件などでした。

4. 相談状況

 2014年のウイルス・不正アクセス関連の相談件数は15,598件でした。そのうち「ワンクリック請求」に関する相談が3,301件、そのうちスマートフォンにおける「ワンクリック請求」に限ると790件の相談があり、前年比でほぼ倍増しました。
 相談のうち「インターネットバンキング」158件(2013年:147件)と「ランサムウェア」35件(2013年:22件)が増加傾向にあり、これらに関する相談が今後も増加し続けることが懸念されます。

◆ 本リリースの詳細は、https://www.ipa.go.jp/security/txt/2015/2014outline.html をご参照ください。

脚注

(*1) コンピュータウイルスの届出は、通商産業省(現・経済産業省)のコンピュータウイルス対策基準に基づき1990年4月にスタートした制度です。その後、不正アクセスの届出が1996年8月に同省のコンピュータ不正アクセス対策基準によりスタートしました。両制度の届出機関は、いずれもIPAが指定されています。

 コンピュータウイルス対策基準   : http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/CvirusCMG.htm 別ウィンドウで開く

 コンピュータ不正アクセス対策基準 : http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/UAaccessCMG.htm 別ウィンドウで開く

プレスリリースのダウンロード

レポートのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 加賀谷/小川

Tel: 03-5978-7591 Fax: 03-5978-7518 E-mail: 電話番号:03-5978-7591までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。