HOMEIPAについて新着情報プレス発表 3,541件におよぶソフトウェア開発に関するプロジェクトデータを整理・分析した「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」を発行

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 3,541件におよぶソフトウェア開発に関するプロジェクトデータを整理・分析した「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」を発行

~顧客の信頼性要求レベルや現場のプロジェクト体制と、ソフトウェアの信頼性の関係が明らかに~

2014年10月8日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)技術本部ソフトウェア高信頼化センター(以下、SEC)は、多様で幅広い業種・業務から収集した多数のソフトウェア開発に関するプロジェクトデータを整理・分析し、「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」として2014年10月8日から販売を開始しました。

 URL:http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20141008.html


 ITが国民生活や社会経済活動に深く浸透するのに伴い、ITシステム、特にソフトウェア開発の品質、コスト、納期に関する要求はますます厳しくなっています。これらの要求に応え、高品質かつ信頼性の高いソフトウェアを効率的に開発するためには、要求や実績を数値化し、数値データを用いた実績との比較に基づいた目標設定や進捗管理など(ベンチマーク)を行う、定量的プロジェクト管理が重要です。

 IPA/SECでは、ソフトウェア開発における定量的プロジェクト管理の普及促進を目的に、開発プロセスの標準化や見える化手法、定量的品質管理手法などの調査・検討を行っています。これらの活動の一環として、IPA/SECは、多様で幅広い業種・業務から収集した多数のソフトウェア開発に関するプロジェクトデータを整理・分析し、「ソフトウェア開発データ白書」として2005年から発行してきました。
 今回、その最新版として「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」を、2014年10月8日に公開しました。本書で8回目の出版となります。

 本書では、これまでの収録内容や分析結果に加え、新たに「発注者側におけるソフトウェアの信頼性要求レベルや、受注者側のプロジェクト体制が、ソフトウェア開発における信頼性や生産性にどのような影響を与えるのか」という点に着目し、「信頼性要求レベルとソフトウェアの信頼性の関係情報」(図1参照)や、「プロジェクト体制とソフトウェアの信頼性の関係情報」(図2参照)などをはじめ、新たに実施した分析結果から得られた様々な傾向を掲載しました。
 また、これまで一部非公開であった「統計散布図に対応する数式」とその活用方法のほか、IPA/SECがウェブサイト上で提供している「プロジェクト診断支援ツール(*1)」の利用ガイドを収録し、これまでに比べ、より一層活用しやすくなっています。

 新たに実施した分析結果から得られた傾向の一例は、次の通りです。
  1. 発注者側(顧客)の信頼性要求レベルが高いほど、ソフトウェアの信頼性は高くなるが、同時に受注者側(開発現場)の生産性は下がる傾向にある

  2. プロジェクト体制が以下の各条件を満たす場合、それぞれにおけるソフトウェアの信頼性は高くなる傾向にある
    • ソフトウェアの品質保証に関する専門部署・専門スタッフを設置していること
    • ソフトウェアのテスト体制として、要員数やスキルが十分であること
    • 定量的な出荷基準が設けられたプロジェクトであること
 IPA/SECは、これまで蓄積したソフトウェア開発に関するプロジェクトデータに、新たに452件を追加し、総計3,541件におよぶ国内有数のプロジェクト・データベースを保有しています。
 このデータベースを元に、「ソフトウェア開発データ白書」は、ソフトウェア開発におけるプロジェクトの規模・工数・工期などの相互関係を示す一定の分析を毎回行っており、統計データとして収録しています。さらに、多種多様な業種・工程・言語の利用者に対応するため、プロジェクトの規模・工数・工期・信頼性・生産性などの相互関係を、業種別・工程別・言語別に分析しています。
 そのため、本書は、開発規模の遷移や開発期間の長短といったソフトウェア開発の傾向を把握する際の基礎データとして活用できるほか、ソフトウェア開発における受発注者間の合意形成や、開発評価の場面など、定量データの実践的な活用も可能にしています。

 今後、IPA/SECでは、本書をより一層活用いただくため、「ソフトウェア開発データ白書活用セミナー」の開催を予定しています。また、本書をはじめとした各種書籍・ツールの提供を通じて、ソフトウェア開発における定量的プロジェクト管理の普及促進を推進していく予定です。
 本書が活用され、ソフトウェア開発における定量的プロジェクト管理が促進されることで、高品質かつ信頼性の高いソフトウェア開発が実現し、製品やITシステム利用者の安全・安心につながることを期待しています。
 「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」は、IPAおよびAmazon( http://www.amazon.co.jp 別ウィンドウで開く )から購入することができます。なお、2014年12月下旬より、PDF版の提供を開始する予定です。

「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」

ソフトウェア開発データ白書2014-2015
発行:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
ISBN 978-4-905318-26-2
定価:本体3,241円(税別)
ソフトカバー/A4変形版/451頁

脚注

(*1) 「定量データに基づくプロジェクト診断支援ツール」、「スタンドアロン型プロジェクト診断支援ツール」の2つのプロジェクト診断支援ツールをウェブサイトを通じて提供している。
http://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/tool/index.html

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター 山下/塚元

Tel: 03-5978-7543 Fax: 03-5978-7517 E-mail: 電話番号:03-5978-7543までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/一家

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。