HOMEIPAについて新着情報プレス発表 ITに関する国内外の最新情報を集めた「IPAグローバルシンポジウム2014」を開催

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 ITに関する国内外の最新情報を集めた「IPAグローバルシンポジウム2014」を開催

~重要インフラのセキュリティやヒューマンファクターなど多彩な情報を発信~

2014年9月5日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2014年10月22日(水)、東京ミッドタウンホール(東京都港区赤坂)にて、IPA事業に関する国内外の最新動向や先進事例についての講演・パネルディスカッション等で構成する主催イベント「IPAグローバルシンポジウム2014~豊かな社会を創るIT、豊かな社会を拡げるIT。~」を開催します。講演等プログラム聴講の事前登録の受付を、9月5日(金)から下記ウェブページにおいて開始しました。

 URL:http://www.ipa.go.jp/about/event/globalsympo2014/index.html


 IPAは、我が国情報化社会の発展に寄与するため、「情報セキュリティ対策の強化」、「社会全体を支える情報処理システムの信頼性向上」、「IT人材育成の戦略的推進」に取り組んでいます。
 「IPAグローバルシンポジウム2014」は「豊かな社会を創るIT、豊かな社会を拡げるIT。」をテーマに、内外の有識者による講演によって構成し、国際的な視点に立ったITの最新情報を発信することで、我が国全般のIT力向上に資することを目的としています。

 基調講演では、佐賀県特別顧問で株式会社公共イノベーション代表取締役の川島宏一氏が、「テクノロジーで社会を変える~IT企業に求められる社会ビジョン~」と題した講演を行います。
 「情報セキュリティセッション」では、米国国立標準技術研究所 上級IT政策顧問のアダム セジェウィック氏が、重要インフラのサイバーセキュリティ保護に向けた米国の取り組みに関して、我が国の内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)参事官、三角 育生氏が、日本のサイバーセキュリティ法制化と今後に向けた政策の動向について、それぞれ講演を行います。
 また、「ソフトウェア高信頼化セッション」では、英国RSSB(鉄道安全標準化機構)シニアヒューマンファクターズスペシャリスト、ヒュー ギブソン氏によるヒューマンエラーとシステム安全に関する講演、「IT人材育成セッション」では、欧州委員会(EC)主席監督官のアンドレ リヒャァ氏による欧州におけるIT競争力と成長に関わる人材育成をテーマとした講演が行われます。
 このほか、「国際標準推進セッション」においても欧州委員会から講演者を招き、欧州委員会が推進する情報連携のための取り組みに関する講演が行われるほか、各セッションにおいて、国内有識者の講演を予定しています。詳細は別紙「IPAグローバルシンポジウム2014プログラム一覧」をご参照ください。

 IPAグローバルシンポジウム2014の開催概要は以下のとおりです。
名称 IPAグローバルシンポジウム2014(英文表記:IPA Global Symposium 2014)
開催日時 2014年10月22日(水) 10時45分~18時00分
会場 東京ミッドタウンホール(東京都港区赤坂9-7-1)
主催 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
後援(申請中または申請予定) 経済産業省、一般社団法人組込みシステム技術協会、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会、一般社団法人情報サービス産業協会、一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
参加費 無料(事前登録が必要です)
プログラムの詳細、事前登録は下記Webページをご参照ください。

プレスリリースのダウンロード

本件に関する問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/一家

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。