HOMEIPAについて新着情報プレス発表 日本のすり合わせ開発と融和性の高い開発方法論の国際規格を提案

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 日本のすり合わせ開発と融和性の高い開発方法論の国際規格を提案

高信頼なコンシューマデバイスを効率的に開発

2013年11月20日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)SEC(ソフトウェア高信頼化センター)は、高信頼なコンシューマデバイスを実現するための開発方法論の国際標準化を目指し、2013年11月11日(月)、標準化団体であるOMG(*1)へ提案を行いました。

 「コンシューマデバイス」とは、自動車、サービスロボット、スマートハウス、スマート家電等、一般消費者が使用する、組込みシステムにより高機能化された機器を指します。これらは多様な環境で、様々な利用者に使われることから、高い安全性・信頼性が求められます。さらに、自動車を例に考えた場合、危険時には安全のため停止するだけでなく、必要とされる場合には動き続けること(このような安全性や可用性等を総括して「ディペンダビリティ」と呼ぶ)」も求められます。
 わが国のコンシューマデバイスメーカーでは、これまでも利用者や利用環境等の多様性に対応したディペンダブルな製品を、各工程の中で様々な状況を考慮して品質を作り込む、いわゆる「すり合わせ開発」によって実現してきました。しかし、従来の機能安全等に関する国際規格では、このような「ディペンダブルなコンシューマデバイスを実現するための開発方法論」(以下、「本開発方法論」と略す)には触れられていませんでした。
 そこでIPAでは、トヨタ自動車株式会社、富士通株式会社、独立行政法人産業技術総合研究所、国立大学法人電気通信大学等、産学官からの有識者により本開発方法論の検討を進め、本年 11月11日に国際標準化に向けOMGへの共同提案を行いました。
本開発方法論は、開発のライフサイクル全体を通してディペンダビリティを保証するための体系的な枠組みであり、機能安全等の国際規格との整合性をもつだけでなく、日本が得意とするすり合わせ開発とも融和性の高いものです。
 今後、提案レビューおよび必要に応じ変更提案等を行い、早ければ2014年9月での国際規格化を目指しています。

 IPA/SECでは、組込みシステムを含めた情報処理システムの高信頼化のための取組みを進めてきており、本規格の成立に向けた活動もWGメンバー社・組織等との連携のもと、更に推進していきます。

【参照】コンシューマデバイスの信頼性確保に向けた取組み~開発方法論の国際標準化に向けて~
 http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20130930.html (2013年9月30日公開)

脚注

(*1)Object Management Groupの略、国際的な標準化団体、本部:米国マサチューセッツ州。高信頼なシステムの構築に関連するSysML(モデリング言語)、SACM(構造化保証ケース)等の規格が規定されており、今回の提案とも関連が深い。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター  中村/内田

Tel: 03-5978-7543 Fax: 03-5978-7517 E-mail:メール

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ  横山

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: メール