HOMEIPAについて新着情報過去年度の記事2012年度プレス発表 2つのアプローチを活用したソフトウェア開発プロセス改善のツール、教材等、4種を公開

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 2つのアプローチを活用したソフトウェア開発プロセス改善のツール、教材等、4種を公開

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによる公開で自由な利用を促進

2013年3月26日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(以下、SEC)は、3月26日(火)、組織におけるソフトウェア開発プロセス改善のための手法「アセスメントモデル SPEAK-IPA(*1)」および「SPINA3CH(*2)自律改善メソッド」を拡充するとともに、それらの手法を解説し、プロセス改善により取り組みやすくするためのガイドおよび教材を公開しました。
 プロセス改善ツールを円滑に活用するためのガイドと教材を新たに公開

 鉄道の運行システムや銀行のATM、電気・水道などのライフラインの制御システムなど、私達の暮らしのあらゆる部分でソフトウェアが利用され、その利用範囲は日々拡大しています。
 このようなソフトウェアの利用拡大に伴い、ソフトウェア開発の現場では市場の競争激化が引き起こされ、品質の確保やコスト削減、厳しい納期要求に応えることが求められています。ソフトウェア開発プロセス改善はソフトウェアの品質の安定・向上を達成するために仕事のやり方を工夫する取り組みで、コストの削減、納期の短縮などを実現するために有効です。

 IPA/SECは、2006年よりソフトウェア開発プロセス改善活動の普及への取り組みをはじめ、プロセス改善手法として、トップダウン方式のアプローチをする「アセスメントモデルSPEAK-IPA(以下、SPEAK-IPA)」、ボトムアップ方式のアプローチをする「SPINA3CH 自律改善メソッド(以下、SPINA3CH)」の2つの手法を提供し、さらにそれらを適用する際に利用できるツール類の公開を行なってきました。

 これらの利用者からは、「SPEAK-IPAを使いこなす方法を知りたい」「SPINA3CHの適用事例が知りたい」等といった要望も寄せられ、プロセス改善活動におけるSPEAK-IPAおよびSPINA3CHの更なる利活用が期待されていました。

 そこでIPA/SECでは、これらの手法やツールの利用法を示し、状況に適した手法、ツールを使用することにより、円滑なプロセス改善活動を実施出来るよう、その手助けとなるガイド類を公開しました。 また同時に、既に公開済みのSPEAK-IPAおよびSPINA3CHの内容を使いやすさの観点で拡充し、利用者がよりプロセス改善活動に取り組みやすくなるよう工夫しました。

 今回公開する内容は次の通りです。

新規公開資料

  • プロセス改善活用ガイド
     SPEAK-IPA、SPINA3CHの2つの手法を活用したプロセス改善推進の手引き。 それぞれの手法がどのような状況で有効かを実際の活用事例を盛り込んで解説。 プロセス改善活動の導入に際し、どちらの手法が適しているか等の参考にできる。
  • プロセス改善推進者向け教材
     SPEAK-IPAとSPINA3CHを用いたプロセス改善推進者育成のための教材。 プロセス改善推進の経験者が後進育成のために、「プロセス改善とは何か」ということから、具体的なツールを使用したプロセス改善活動の技法等を教育する際に利用できる。

公開済み手法の拡充

  • 「SPEAK-IPA」の拡充
     新たにアセスメントシートやアセスメント実施計画書を作成する際等に使用できるテンプレートを提供。更に、経験の浅いプロセス改善推進者がアセスメントを実施する時の手引き「アセスメントガイド」を新たに作成。 今までアセスメント準備の際に使用出来るテンプレートがなく、計画書等は一から作成していた。今回の提供によりテンプレートを埋めていく形で準備作業を進められるようになり、作業時間の短縮が期待できる。
  • 「SPINA3CH」の手引書拡充
     SPINA3CHの利用手引きとして、書籍「プロセス改善ナビゲーションガイド~自律改善編~」を刊行。同手法がどういった状況で有効か、どのように利用すれば良いかなど、実際の活用事例を盛り込み、活用ノウハウを掲載。

 なお、これらの公開物はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスでの公開となるため、利用者が自らの環境に合わせてツール類を自由に改変して利用することが可能です。また、二次利用も可能であるため、改変したツールを再配布するなどして、利用者同士でノウハウ等を共有することも可能です。

 IPA/SECは、これらの公開物が活用されることで、組織におけるソフトウェア開発の効率化と組織能力の向上につながり、ひいてはソフトウェア開発プロセス改善活動の普及に寄与することを期待しています。

脚注

(*1) ソフトウェアを主体としたシステム開発を行うことを主業務とする組織のプロセス能力を客観的に評価(ソフトウェアプロセスアセスメントの実施)するための枠組み。2007年9月26日公開、2011年3月28日改訂。
ソフトウェアプロセスの供給者能力判定及びアセスメントキット-IPA版 (SPEAK-IPA)の改訂

(*2) ソフトウェアの開発プロセスに問題意識を持つ技術者向けに、改善活動に役立つヒントなどを盛り込んだツール類をとりまとめたプロセス改善の手法。2011年7月7日公開、同年12月1日更新。
プロセス改善活動についての新たな手法とその適用のためのツール類を公開

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター  山下/倉持

Tel: 03-5978-7543  Fax: 03-5978-7517 E-mail:メール

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ  横山/白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: メール