HOMEIPAについて新着情報プレス発表 IPA「災害に対応する IT システム検討プロジェクトチーム」の活動結果について報告

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 IPA「災害に対応する IT システム検討プロジェクトチーム」の活動結果について報告

2013年1月28日
独立行政法人情報処理推進機構


 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2011年8月、「災害に対応するITシステム検討プロジェクトチーム」を機構内に発足させ、東日本大震災のITシステムへの影響やその対応について部門横断的に調査を進めてきました。このたび、その成果として、以下2つの成果報告を公開しました。

「災害に対応する IT システム検討プロジェクトチーム活動報告 ~ 東日本大震災後の活動記録と調査の紹介」

 この報告書は、このプロジェクトチームの活動成果をまとめたものです。災害対応の視点から行った、震災時の情報セキュリティ、震災とクラウドの関係、自治体の情報基盤における震災の影響、高回復力システム基盤の必要性等、に関する各種調査を、わかりやすく取りまとめたサマリと、これらに関係する資料や調査報告書の概要を収録しました。また、2012年5月に開催したIPAグローバルシンポジウムにおける、京都大学防災研究所教授 林春男氏に災害に負けない社会のためにITが果たす役割をテーマとした講演、災害対応で活躍した専門家や有識者によるパネルディスカッションのサマリも掲載しました。

「災害対応・支援を目的としたウェブサイト等の構築・運営における技術課題に関する調査」

 今回の震災で特徴的だったことは、震災直後から、インターネット上に、安否情報、物資援助、ボランティア活動など、様々な支援のためのウェブサイトが自発的に多数立ち上がり、多くの貢献をしたことです。プロジェクトチームでは、この実態を調査するために、サイト構築関係者の協力を得て、サイト公開に至るまでの状況やその後の運営に伴って直面した技術的課題についてのアンケート、ヒアリングを実施しました。
 約250の災害支援のためのウェブサイトを対象にアンケートを実施しました。また、20件の個別のウェブサイト担当者へのインタビュー記録も収録しています。来るべき次の災害に備えた社会的な課題として、各分野における日ごろの訓練はもちろんのこと、ITシステムの機能面・運用面での柔軟性や、政府系データの公開、いわゆる「オープンデータ」の整備などに取り組む必要のあることが明らかとなりました。

 この2つの報告書が、災害に強い、しなやかなITシステム構築のために活用されることを期待します。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 国際標準推進センター 岡田/武藤

Tel: 03-5978-7507 Fax: 03-5978-7517 E-mail: 電話番号:03-5978-7507までお問い合わせください。

 

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/佐々木

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。

 

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。