HOMEIPAについて新着情報プレス発表 ベンチマークの利用拡大を狙い小規模開発に特化した定型分析を新たに追加した 「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」を発行

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 ベンチマークの利用拡大を狙い小規模開発に特化した定型分析を新たに追加した 「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」を発行

書籍の販売とPDFデータの公開を10月1日から開始

2012年10月1日
独立行政法人情報処理推進機構

  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(以下、SEC)は、2005年から発行してきた「ソフトウェア開発データ白書」の最新版「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」を発行しました。
URL:http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20121001.html

  ITが国民生活や社会経済活動に深く浸透するのに伴い、ITシステム、とりわけソフトウェア開発の品質、コスト、納期に関する要求は、ますます厳しくなっています。これらの要求に応え、高品質のソフトウェアを効率的に開発するためには、要求や実績を数値化し、数値データを用いた実績との比較に基づいた目標設定や進捗管理など(ベンチマーク)を行う、定量的データ管理が重要です。
  IPA/SECでは、ソフトウェア開発における定量的データ管理の普及促進を目的に、開発プロセスの標準化や見える化手法、定量的品質管理手法などの調査・検討を行っています。

  この活動の一環として、ソフトウェア開発データの収集と集計を行った「ソフトウェア開発データ白書」を2005年から発行しており、その最新版となる今回の「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」は第7版となります。最新版では、今までの白書の利用者から寄せられた「小規模開発や、特定工程のみの開発に関するデータを盛り込んで欲しい」といった要望を踏まえ、小規模開発や開発範囲の違いなどによる生産性を新たに分析し記載しています。また、開発方法論や開発要員の違い等による信頼性への影響分析およびテスト網羅性の状況等を追加しました。これにより、ベンチマークのバリエーションが拡充し活用方法が広がります。

  主に、白書は、その収録データが開発中のプロジェクト等のデータ比較に用いられることから、出来るだけ最新のソフトウェア開発の状況を反映する必要があります。本書は、前回出版(「ソフトウェア開発データ白書2010-2011」、2010年11月22日発行)以降に収集した505件を新規に加え、総計3,089件のソフトウェア開発プロジェクトのデータを収録しています。その中の規模・工数・工期などのデータに対し、データ間の相互関係を示す一定の分析を毎回行い、統計データとして併せて収録しており、ソフトウェア開発の受発注者間の合意形成や開発評価の場面など、定量データの実践的な活用を可能にしています。

  また多様な利用者に対応するため、分析は、プロジェクト規模・工数・工期・信頼性・生産性の相互関係を業種別・工程別・言語別等で行っています。
  このように継続的に収集・分析を行っていることから、白書は開発規模の遷移や期間の長短といったソフトウェア開発に関する傾向を把握する際の基礎データともなります。

  なお、IPA/SECでは公的中立的な機関の特性を活かし、本来、競争力の源泉である機密性の高いプロジェクトデータの提供を民間企業より受けています。この収集したデータを匿名化し、白書として民間に還元することで、小規模から大規模に至る、幅広いソフトウェア開発の品質向上やコスト削減・納期短縮が期待できます。

「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」は、IPAおよびAmazon( http://www.amazon.co.jp  別ウィンドウで開く

脆弱性ハンドブックは、全国官報販売協同組合販売所とAmazon(http://www.amazon.co.jp)にて4月下旬に購入可能な予定です。
 定価: 本体 1,905円(税別)
 ISBN:978-4-905318-12-5
 発行: 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA  技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター  山下/秋田

Tel: 03-5978-7543  Fax: 03-5978-7517 E-mail: 電話番号:03-5978-7543までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA  戦略企画部 広報グループ 横山/白石

Tel: 03-5978-7503  Fax: 03-5978-7510  E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。