HOMEIPAについて新着情報プレス発表 連絡不能開発者一覧の公表状況[2012年第1四半期]

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 連絡不能開発者一覧の公表状況[2012年第1四半期]

2012年3月16日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)およびJPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター、代表理事:歌代 和正)は、2012年第1四半期の「連絡不能開発者一覧(製品開発者名、製品情報)」の公表状況をまとめました。
URL: http://jvn.jp/reply/index.html

 IPAとJPCERT/CCは「情報セキュリティ早期警戒パートナシップ(*1)」において届出を受け付けたソフトウェア製品の製品開発者に対して、一定期間にわたり連絡を試みても連絡が取れない場合、その製品開発者を「連絡不能開発者」と位置づけ、「連絡不能開発者一覧」にて公表し製品開発者情報の公開調査を行っています。

(1)連絡不能開発者一覧(製品開発者名)の公表状況

 「連絡不能開発者一覧」にある「製品開発者名」の公表件数の累計は2011年第4四半期までで101件、今回新たに8件を公表し、合計109件となりました。

(2)連絡不能開発者一覧(製品情報)の公表状況

 2011年第4四半期に「製品開発者名」を公表した51件のうち、公表後一定期間(約3か月)経過後も連絡が取れず調整が滞っている49件について、広く製品の関係者からの連絡を求めるために製品情報(具体的な対象製品の名称およびバージョン)を公表しました。

(3)製品開発者情報の公開調査結果

 2011年第4四半期での公表中件数91件のうち、2012年第1四半期に製品開発者から応答があった2件を一覧から削除し製品開発者と調整を再開しました。今回新たに公表した8件と合計し、2012年3月16日時点の公表中件数は97件となります。

図1.2012年1Qの公表および削除の状況

図2.製品開発者情報の公開調査の内訳

 IPA、JPCERT/CCは、製品開発者との調整を円滑に進めるために、製品開発者に対して、製造責任者として連絡先の明示および連絡体制の確立を求めます。この取り組みを通じて、脆弱性関連情報届出制度の実効性を高め、より安心してソフトウェア製品を利用できる情報社会の確立に寄与していきます。

脚注

(*1)情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/partnership_guide.html

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 渡辺/大森

Tel: 03-5978-7527 Fax: 03-5978-7518 E-mail:電話番号:03-5978-7527までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。