HOMEIPAについて新着情報プレス発表 セキュリティ・キャンプ実施協議会の実施体制と事業計画について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 セキュリティ・キャンプ実施協議会の実施体制と事業計画について

日本の安心・安全なIT社会に貢献する若いセキュリティ人材の育成を目指して

2012年2月22日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティ・キャンプ実施協議会

 経済産業省およびIPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)が実施してきた「セキュリティキャンプ(*1)」について、突出したセキュリティ人材の発掘・育成の場として拡大・強化することを目的として、民間企業によって構成される「セキュリティ・キャンプ実施協議会」が設立されることとなり、その設立総会が、2012年2月22日(水)に開催されました。

 「セキュリティキャンプ」は、経済産業省とIPAが若年層の突出したIT人材の発掘・育成を目的に、産業界の第一線で活躍する技術者から高度なセキュリティ技術等を学ぶ合宿形式の研修会として、22歳以下の学生を対象に、2004年度から実施してきました。

 この度、「セキュリティキャンプ」を官民連携による若年層のセキュリティ人材育成の場として位置づけ、その実施を担う民間企業によって構成される組織である「セキュリティ・キャンプ実施協議会」が設立されました。2012年2月22日現在の会員企業・団体は別紙1のとおりです。IPAは特別会員として協議会に参加します。

  • 選出された協議会役員は下記のとおりです(敬称略)。
  •   会長:
    西本 逸郎 株式会社ラック 取締役 最高技術責任者
    副会長:
    山岡 正輝 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 技術開発本部
    セキュリティ技術センタ センタ長
    嶋 久登 ソニー株式会社 技術開発本部 共通要素技術部門
    セキュリティソフトウェア開発部 統括部長
    監査役
    清水 秀彦 CompTIA 日本支局長
    村瀬 一郎 株式会社三菱総合研究所 情報通信政策研究本部 副本部長

     幹事会、事務局、顧問については別紙2のとおりです。

  • 協議会の平成24年度の事業計画の骨子は下記のとおりです。
  •   セキュリティ・キャンプ実施に関する実施計画の立案
    地方講座等との連携の促進
    キャンプで育成した人材と産業界との交流機会の創出
    セキュリティ・キャンプ中央大会との実施連携
    セキュリティ・キャンプPR活動

    詳細は別紙3を参照ください。
 今後IPAとセキュリティ・キャンプ実施協議会は、官民連携による情報セキュリティ人材の発掘・育成に取り組んでいきます。
 セキュリティ・キャンプ全体の体制および将来のセキュリティ・キャンプ事業実施イメージは別紙4のとおりです。

脚注

(*1)2008年~2011年は「セキュリティ&プログラミングキャンプ」として実施しました。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成本部 産学連携推進センター 大島/神島

Tel: 03-5978-7504 Fax: 03-5978-7516 E-mail:電話番号:03-5978-7504までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail:電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。