HOMEIPAについて新着情報プレス発表 セキュリティ要件確認支援ツールの公開

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 セキュリティ要件確認支援ツールの公開

2011年8月17日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)技術本部セキュリティセンターは、8月17日(水)、情報システムの機能・サービスに応じたセキュリティ要件(*1)定義を容易にすることを目的とした「セキュリティ要件確認支援ツール」をIPAのウェブサイトで公開しました。
 URL: https://isec-sras.ipa.go.jp/

概要

 情報システムの企画、調達、設計、構築、運用等を実施するためには、機能要件(*2)やサービス要件(*3)等を適切に定義し実現することが重要ですが、一方でその情報システムのもつリスク等を考慮してセキュリティ要件をいかに定義するかということも重要となります。しかし、情報システムのセキュリティ要件を定義するには、セキュリティの専門知識や経験等が要求されるため、セキュリティに詳しくない情報システムの担当者にとっては相当な困難を伴うことが考えられます。また、検討不足により情報システムのセキュリティレベルが低下してしまう可能性もあります。
 セキュリティ要件確認支援ツールは、上記のような問題を解決するため、情報システムの企画、調達、設計、構築、運用等の各場面で、検討対象(機能・サービス)に応じた情報システムのセキュリティ要件定義を容易にすることを目的としたツールです。

 本ツールは、情報システムの調達担当者などが、IPAのウェブサイトから技術参照モデル(TRM((*4))で定義された「機能・サービス」を入力することで、必要な「セキュリティ要件」(「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」または「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」)に関する情報、および情報システムを構成する機器の「セキュリティ機能要件(*5)」に関する情報を提供します。
 出力された情報を参考にシステムのセキュリティ要件を検討することで、自組織のセキュリティポリシーと適合し、かつ必要なセキュリティ機能を満足するシステムの実現を可能とします。

 IPAとしては、本ツールが、情報システムの調達担当者などに広く活用され、情報システムにおけるセキュリティ要件検討の負荷を低減し、検討能力不足による情報システムのセキュリティレベルの低下を防ぐことを期待しています。

脚注

(*1)セキュリティ要件:「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」の遵守事項および「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の対策基準のうち、セキュリティに関する技術的な要件をまとめたもの。

(*2)機能要件:情報システムに必要な機能に関する要件をまとめたもの。また、非機能要件とは、性能、運用、信頼性や拡張性などの機能要件以外の全般の要件を指す。

(*3)サービス要件:情報システムが提供するサービスに対して、そのサービスを提供するかを規定したもの。

(*4)TRM(Technical Reference Model):情報システムを技術ドメインおよび機能・サービス毎にモデル化して必要な機能要件をまとめた技術体系の定義集(http://www.ipa.go.jp/osc/trm/index.html)。

(*5)セキュリティ機能要件:TRMの機能・サービスに属する機能要件・非機能要件のうち、セキュリティに関する要件をまとめたもの。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 平林/飯島/福本

Tel: 03-5978-7550 Fax: 03-5978-7518 E-mail: 電話番号:03-5978-7550までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。