HOMEIPAについて新着情報プレス発表 Android OSを標的としたウイルスに関する注意喚起

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 Android OSを標的としたウイルスに関する注意喚起

2011年1月21日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、Android OSを標的としたウイルスが発見されたことを受け、利用者に広く注意を呼びかけるため、注意喚起を発することとしました。
URL: http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20110121.html

概要

 一部のスマートフォンやタブレット型端末で使用されているAndroid OSを標的とした、新たなウイルスが確認されています。このウイルスは、Android OSで初のボット型ウイルス(*1) であり、悪意のある者が、ウイルスに感染した端末を制御する(乗っ取る)ことができる可能性を持った、危険性の高いものです。
 現時点では国内での具体的な被害は確認されていませんが、国内の利用者であっても、ウイルスによる被害を受ける可能性が高まっています。本注意喚起では、Android OSを標的としたウイルスについて、その概要を説明するとともに、対策を示しています。詳細は別紙をご参照ください。

注意点と対策

 Android端末における、ウイルスに関する注意点と対策は、以下の通りです。

  • 信頼できる場所からの正規版アプリケーションソフトウェアの入手
     不正に配布されているアプリにウイルスが混入している可能性があります。できる限り信頼できる場所(例えばAndroid Market(*2) )から、正規版のアプリを入手することを勧めます。また、アプリの評判(コメントや評価など)が参考になる場合があります。
  • 「提供元不明のアプリ」設定のチェックを外しておく
     Android端末の設定画面(「設定」→「アプリケーション」)に「提供元不明のアプリ」という項目があります。この項目のチェックを外しておくと、Android Market以外で入手したアプリのインストールが阻止されます(初期状態ではチェックは外れた状態になっています)。
     操作を誤るなどして不正なアプリをインストールしてしまわないよう、普段はこの項目のチェックを外した状態にしておくことを勧めます。
  • 「アクセス許可」に注意
     アプリの入手元に関わらず、インストール時に表示される「アクセス許可」の一覧には必ず目を通し、不自然な点や、疑問に思う点があれば、インストールを中止してください。
  • セキュリティ対策ソフトの導入
     近年、スマートフォンのセキュリティが注目されており、パソコン用のセキュリティ対策ソフトでも有名な企業によるものを含め、様々なAndroid OS用セキュリティ対策ソフトが公開されています。ウイルス対策の機能を含む、セキュリティ対策ソフトの導入も検討してください。

脚注

(*1)端末に潜伏し、悪意のある者の命令に従って様々な動作を行うウイルス。

(*2)Google社が運営している、Android用のアプリを配信、販売するサービス。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA セキュリティセンター 加賀谷/松坂
Tel: 03-5978-7591 Fax: 03-5978-7518
E-mail: 電話番号:03-5978-7591までお問い合わせください。

報道関係からの問い合わせ先

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/大海
Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510
E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。