HOMEIPAについて新着情報プレス発表 IPAクラウドセキュリティシンポジウム ~クラウドセキュリティ最前線~を開催

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 IPAクラウドセキュリティシンポジウム ~クラウドセキュリティ最前線~を開催

2010年11月26日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2010年12月16日(木)、ベルサール八重洲において、IPAのクラウドセキュリティへの国際的な取組みを発表する「IPAクラウドセキュリティシンポジウム ~クラウドセキュリティ最前線~」を開催します。11月26日(金)から事前登録の受付を開始しました。
 「IPAクラウドセキュリティシンポジウム」は、クラウドセキュリティの最新情報を提供することにより、クラウドの安全利用を啓発することを目的として開催するもので、国内外のクラウドセキュリティに関する有識者による講演・パネルディスカッションにより構成しています。

 クラウドコンピューティングは、IT初期投資の削減や開発リードタイムの削減等、コンピュータの利用形態に革新的変化をもたらすものとして注目されていますが、その一方で自社のデータが海外にある場合の不安感や、通信障害等の異常事態発生時のサービス継続、データの所在する国ごとに異なる法令といった、コンプライアンスやセキュリティ上の留意点があります。
 IPAは、クラウドコンピューティングの可能性に着目して、2009年度に「クラウド・コンピューティング社会の基盤に関する研究会」を立ち上げ、個人および企業等における情報処理の「クラウド化」のあり方について検討を行い、報告書(*1)を公開しました。また、クラウドコンピューティングにおけるインシデント(*2) 情報の収集やセキュリティに関する勉強会の定期開催等、研究を進めています。2010年6月7日には、クラウドコンピューティングのセキュリティにおけるベストプラクティスの普及を目指す団体である、クラウドセキュリティアライアンス(*3) (Cloud Security Alliance:CSA)と相互協力協定を締結、また2010年10月25日には欧州ネットワーク情報セキュリティ庁(ENISA(*4) )のクラウドコンピューティングのセキュリティに関するガイドラインの翻訳を公開する等、国内外の情報セキュリティ関連団体と連携して活動を進めています。
 このたび開催する「IPAクラウドセキュリティシンポジウム」は、IPAにおけるクラウドセキュリティへの取組みおよびその国際的連携の成果を発表するとともに、クラウドセキュリティの課題について最新情報を提供することで、クラウドの安全利用を啓発することを目的としています。招待講演では、CSAからJim Reavis(ジム リーヴィス)氏を招きクラウドセキュリティの最新課題と、世界における取組状況について講演いただきます。
 クラウドコンピューティングのセキュリティに関して、IPAでは今年度の計画(*5)において、「クラウドコンピューティングのセキュリティ課題等に関わる調査を実施・公開し、クラウドコンピューティングの情報セキュリティ啓発活動を行うとともに、国際関係団体との連携を進める。」としており、今回のシンポジウム開催は本年度の事業活動の一環と位置づけられています。

1.開催概要

  • 日時: 2010年12月16日(木) 13:30~16:30 (13:00受付開始)
  • 場所: ベルサール八重洲 2階 RoomA・B・C
             アクセス:http://www.bellesalle.co.jp/bs_yaesu/access.html
  • 主催: 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
  • 定員: 250名
  • 参加費:無料(事前登録制) ※下記URLよりお申込みください
■IPAクラウドセキュリティシンポジウム 参加申込フォーム
  https://ipa-rcpt.ipa.go.jp/event_entry/index/6/

2.講演内容(予定)

脚注

(*1)2009年度、IPAに設置した同研究会の活動を報告書としてとりまとめ、2010年3月24日に公開
http://www.ipa.go.jp/about/press/20100324.html

(*2)ITの分野において情報管理やシステム運用に関して脅威となる事案

(*3)2008年12月米国設立。支部はブラジル、スペイン。クラウドコンピューティングのセキュリティ要件と保証の手段に関して、事業者、利用者に共通の認識レベルの向上を始め、調査、研究、啓発、教育といった多岐にわたる活動を行っている。
http://www.cloudsecurityalliance.org/

(*4)European Network and Information Security Agency. 2004年3月に設立された欧州連合(EU)の機関。本部所在地は、ギリシャ共和国ヘラクリオン。ENISAは、ネットワークセキュリティ及び情報セキュリティに関する予防・対応能力を促進することを任務とし、EU加盟国および欧州諸機関へ、アドバイスや提言を提供すると共に、欧州諸機関、EU加盟国ならびに民間企業・産業関係者との連携を促進している。
http://www.enisa.europa.eu/

(*5)独立行政法人情報処理推進機構 平成22年度計画:独立行政法人通則法第31条第1項に基づき、年度毎に定める事業運営に関する計画。
http://www.ipa.go.jp/about/tsusoku/pdf/3-8.pdf

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA セキュリティセンター 石井/勝見/山北
Tel: 03-5978-7508 Fax: 03-5978-7518
E-mail: 電話番号:03-5978-7508までお問い合わせください。

報道関係からの問い合わせ先

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/大海
Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510
E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。