HOMEIPAについて新着情報プレス発表 2009年度上期「未踏IT人材発掘・育成事業」スーパークリエータの認定について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 2009年度上期「未踏IT人材発掘・育成事業」スーパークリエータの認定について

2010年7月20日
独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、IT産業界の、特にソフトウェア関連分野の次世代を担う「スーパークリエータ」を発掘・育成することを目的に実施している「未踏IT人材発掘・育成事業」において、2009年度上期で採択し支援した41件(未踏本体17件、未踏ユース24件1)の中から、特に優れた成果を収めた11名を「スーパークリエータ」として認定しました。

 「未踏IT人材発掘・育成事業」 は、ソフトウェア関連の分野でイノベーションを創出できるような独創的なアイデアと技術、そして、それらを活用する能力を持つ、突出した若い逸材(スーパークリエータ)を、優れた能力と実績を持つプロジェクトマネージャー(PM2) のもとに発掘、育成する事業です。

 「スーパークリエータ」の認定は、各担当PMによる評価を基に審議委員会3 による審議を経て、IPAが決定したものです。
 今後、本事業を通じて発掘された「スーパークリエータ」が、IT産業界の、特にソフトウェア関連分野の次世代を担う人材として活躍していくことを期待します。


  • 2009年度 上期 「未踏IT人材発掘・育成事業」スーパークリエータ

・11名
 (未踏本体3名、未踏ユース8名)
  ※ テーマ概要及び評価の詳細は別紙別紙(PDFファイル)(343KB)をご参照ください。

(敬称略)
氏名 テーマ名 PM氏名
<未踏本体>
長田 一登 スケーラブルラピッドプロトタイピングのためのJIT-ORM 加藤 和彦
西野 裕樹 モバイル・デバイスの為の高速度なAugmented Reality 用マーカ認識システム 夏野 剛
吉崎 航 人型ロボットのための演技指導ソフト 藤井 彰人
<未踏ユース>
内平 博貴 電子楽器のメタファーを取り入れた書道表現システム 筧 捷彦
上平 拓弥 聞き耳インタフェースを採用した患者情報管理システム 筧 捷彦
竹岡 義樹 2.5次元操作によるヒューマンフレンドリーインタフェース
Z-touchの開発
安村 通晃
中野 皓太 誰でも好みの曲を手軽に歌える歌唱支援システム 安村 通晃
井上 隆広 ピアノの連弾のための遠隔演奏共有システム
festimusic の開発
後藤 真孝
松永 昇悟 弾塑性変形シミュレーションを用いたインタラクティブ形状変形システムの開発 後藤 真孝
松山 隼輔
落合 陽一 「電気が見える」デバイスとソフトウェアの開発 首藤 一幸

 2009年度上期の各PMにより採択、実施された全プロジェクトの成果、評価の詳細については、後日、IPAのWebサイト(下記URL)において公開します。また、認定証授与式の日程につきましても決定次第、Webサイト(下記URL)においてお知らせいたします。
 http://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/


1 未踏本体は35歳未満を優遇、未踏ユースは25歳未満を対象としたものです。
2 PMとは、ソフトウェア関連分野において優れた能力と実績を持った産学界の各分野の専門家でIPAに任用された方々であり、提案内容の審査、選定、採択プロジェクトの指導・助言、進捗管理を行いつつ、各プロジェクト終了時にはその成果の評価までを行う。
3 IPAの外部の産学界の有識者で構成される、未踏IT人材発掘・育成事業の全般について審議するための委員会。



未踏IT人材発掘・育成事業に関するお問い合わせ先

IPA ソフトウェア開発事業部 神島/青木/中尾/河野/長澤/吉田

Tel: 03-5978-7504  Fax: 03-5978-7514 E-mail:

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503  Fax: 03-5978-7510  E-mail: