HOMEIPAについて新着情報プレス発表 Webサービス相互運用性関連JIS規格の公示について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 Webサービス相互運用性関連JIS規格の公示について

2010年7月20日
独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)オープンソフトウェア・センターが中心となって原案作成を進めてきたWebサービスの相互運用性に関するJIS規格(JIS X 7361、JIS X 7362、JIS X 7363)が、2010年7月20日に公示されました。
 これらのJIS規格を活用することにより、相互運用性の高いWebサービスを構築することが可能になります。

 政府の電子計算機利用高度化計画1でも示されたように、情報処理システムを部門間の壁、組織間の壁を越えて連携させることにより効率的なIT利活用を図ることは極めて重要となっています。

 ネットワークを経由して複数の情報処理システムを接続し、連携させるための技術として、SOAP2、WSDL3、UDDI4などの一連の技術が「Webサービス技術」として開発され、標準化されてきました。しかし、実際のシステムの相互運用性を確たるものとするには、製品の実装の差異や仕様の解釈の違いを排除するなど、さらに絞り込んだ標準の規定が求められてきました。

 そこで、Webサービス技術を推進する国際的な業界団体であるWS-I5は、Webサービス相互運用性拡大のためのガイドラインについて細密な検討を行い、その成果が2008年に、ISO/IEC 29361:2008、ISO/IEC 29362:2008及びISO/IEC 29363:2008の三つの国際規格として制定・発行されました。

 IPAは、これらの国際規格が国内のITベンダー及び国内のユーザーからもより容易に、広く活用されることを目指し、日本語への翻訳を行うとともに、JIS規格とするための作業に取り組んできましたが、このたび、この成果がJIS X 7361:2010、JIS X 7362:2010、JIS X 7363:2010の三つのJIS規格6として制定され、公示されました。

 これらの活用により、我が国においても相互運用性の高いWebサービスの構築が一層加速されることを期待します。

今回公示されたWebサービス相互運用性関連JIS規格

● JIS X 7361:2010 Webサービス相互運用性-WS-Iベーシックプロファイル 1.1

Webサービスの相互運用性を向上させるため、参照すべき仕様の限定化とその解釈の明確化等を行った規格です。

● JIS X 7362:2010 Webサービス相互運用性-WS-I アタッチメントプロファイル 1.0

SOAPメッセージにおける添付ファイルの添付方法を規定することにより、JIS X 7361:2010を補完する規格です。

● JIS X 7363:2010 Webサービス相互運用性-WS-I シンプルSOAPバインディングプロファイル 1.0

SOAPメッセージの構造やその使用条件を規定することで、JIS X 7361:2010を補完する規格です。

資料のダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA オープンソフトウェア・センター 高橋(亨)/木戸

Tel: 03-5978-7507 Fax: 03-5978-7517 E-mail:

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax:03-5978-7510 E-mail:

 
 
 

1

平成20年経済産業省告示第61号「電子計算機に電気通信回線を接続してする情報処理のために開発するプログラム以外のプログラムの開発に係る電子計算機利用高度化計画 」
http://www.meti.go.jp/press/20080331005/20080331005.html

2

SOAP : Simple Object Access Protocol。ソフトウェア同士がメッセージを交換するための通信規約の一種。

3

WSDL : Web Services Description Language。Webサービスの持つ機能やその利用方法を記述するための言語仕様。

4

UDDI : Universal Description, Discovery and Integration。Webサービスの内容、所在、所有者等を登録し、利用者が目的に合ったWebサービスを探し出せるようにする検索システム。

5

WS-I : Web Services Interoperability Organization。Webサービス間の相互運用性の実現を目指して設立された国際的な業界標準化団体。

6

これらのJIS規格は、それぞれISO/IEC 29361:2008、ISO/IEC 29362:2008及びISO/IEC 29363:2008に対応した国際一致規格です。