HOMEIPAについて新着情報プレス発表 「クラウドコンピューティング構築へのOSSおよびオープンな標準の適用可能性調査」の結果を公開

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 「クラウドコンピューティング構築へのOSSおよびオープンな標準の適用可能性調査」の結果を公開

2010年7月8日
独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)オープンソフトウェア・センターは、クラウドコンピューティング構築へのオープンソースソフトウェア(OSS)1 およびオープンな標準2 の適用可能性調査を、4件のテーマにおいて実施しました。今般、そのうち以下2件の報告書がまとまりましたので、オープンソース情報データベース「OSS iPedia3(オーエスエス アイペディア)」から公開しました。

 IT投資効率の拡大への期待、ITシステムの省エネルギー化への期待などからクラウドコンピューティング技術に対する関心が高まりつつあります。また、先行している事例においては、外部のクラウドシステム(パブリッククラウド)から社内のクラウドシステム(プライベートクラウド)への利用形態の拡大、外部クラウドと社内クラウドの連携など、クラウド構築についての要望が高まることも考えられます。

 本調査では企業・政府・自治体などで社内クラウドを構築するにあたって活用できるOSSの動向を調査するとともに、その機能や性能を評価し、OSSによるクラウドコンピューティング構築の基礎資料を作成しました。社内のシステム担当者やシステム開発者が、クラウド構築を行う際の参考資料となることを期待します。

調査の概要

 本調査では社内クラウドの構築にあたって必要とされるであろうテーマについて、OSSを中心に4件を取りあげ、調査を実施し報告書としてまとめました。

(1)「OSS仮想化機構KVM4 についての調査」

 KVMについて「基本機能評価」「耐障害性の検証」「VM負荷の他のVMへの影響」「運用シナリオ」からなる4種の評価を行い、KVMの導入を検討する際に参考となる資料を作成しました。

(2)「アプリケーション実行基盤としてのOpenJDKの評価」

 アプリケーション実行基盤標準のJavaについて、広く使用されているJDK(SunJDK) とオープン化されたOpenJDK5 についてクラウド環境上で詳細な解析を行い比較しました。仮想化環境での相互運用性評価、ソースコード解析などによりJDK(SunJDK)とOpenJDKの違いについて確認し、OpenJDKが問題なく使用できるか、また相互運用性の観点から互換性が担保されているかを確認しました。

(3)「社内向けクラウド構築のために活用できるソフトウェアカタログ」

 クラウド構築を行うためのソフトウェアを9つの機能(「仮想化機構に関するソフトウェア」「システム監視・管理システムに関するソフトウェア」「特定の仮想化機構に対する管理・監視ソフトウェア」「クラウドの運用・管理ソフトウェア」「シングルサインオンソフト」「ディレクトリサービスソフトウェア」「分散処理基盤」「分散ファイルシステム・DBに関するソフトウェア」「分散ファイルシステム」「分散DB」)に分類し、31のOSSについて「基本情報」、「サポート」、「開発の安定性」、「成熟度」、「機能」の5つの評価軸から評価し、総合評価点でわかりやすく表示しました。

(4)「クラウド運用管理ツールの基本機能、性能、信頼性評価」

 社内向けクラウド構築において、運用管理ツールは重要なため、本評価では幾つかのクラウド運用 管理ツール(Eucalyptus、Zabbix、virt-manager等)、認証基盤(OpenLDAP、OpenAM 等)について、実用性の観点から実機を用いて評価を実施しました。



1

オープンソースソフトウェア(OSS): ソースコードが無償で公開され、誰でもその改変と再配布が自由に行えるソフトウェアのこと。

2

OSSライセンス: ソースコードの添付または入手可能性の保証を絶対条件として、ソフトウェアの配布や利用の許諾を行うライセンス(利用許諾契約)のこと。商用利用を認めるか否か、開発者名や商標の表示を条件とするか否か、改変したソースコードの配布を認めるか否かなどにより、さまざまな種類のOSSライセンスが存在している。

3

OSS iPedia(オーエスエスアイペディア): IPA オープンソフトウェア・センターが構築・運営するオープンソース情報データベース。( http://ossipedia.ipa.go.jp/

4

KVM「Kernel-based Virtual Machine」:Linuxカーネルにハイパーバイザの機能を追加する仕組み。

5

OpenJDK:Sun Microsystems社(現ORACLE社)が提供するJDK(Java Development Kit)のソースコードの一部が公開されたことを契機に開始された、オープン化されたJDKの開発プロジェクト、またはそのソースコードの名称。

資料のダウンロード

  • 「クラウドコンピューティング構築へのOSSおよびオープンな標準の適用可能性調査」の結果については、以下のURLをご覧ください。
  • 7月8日時点では上記の2件を公開しました。「社内向けクラウド構築のために活用できるソフトウェアカタログ」および「クラウド運用管理ツールの基本機能、性能、信頼性評価」については、近日中に順次OSS iPedia 上で公開します。


本件に関するお問い合わせ先

IPA オープンソフトウェア・センター 伊藤

Tel: 03-5978-7507 Fax: 03-5978-7517 E-mail:

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax:03-5978-7510 E-mail: